スマホ写真の販売で稼ぐために出来ること

写真

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

最近、旅をして撮った写真を販売しています。

私の写真は全てスマホで撮影していますが、それでもお小遣い稼ぎくらいにはなっていて楽しいです。

ただし、スマホ写真ではやっぱり一眼レフには質も売り上げも劣ります。同じ場所で撮影していても、画質が全然違います。

それでもスマホで撮影した写真で稼ぐ方法はあります。この記事では、スマホで撮影した写真の販売で稼ぐために出来ることをご紹介します。

販売枚数を増やす

まずは、写真の販売枚数を増やすことです。もちろん、1枚販売するのと100枚販売するのでは、売れる可能性が全然違います。

スマホで撮影するので、手軽に簡単に撮影も出来ると思います。とにかく枚数をたくさん撮って、写真をアップロードして、まずは販売枚数100枚を目標にしてみましょう

少しだけアップロードして売れた人ももちろんいますが、100枚販売すると売れ行きが違います。

私の場合、Adobeでは15枚目で売れました。しかし、Pixtaでは150枚の販売枚数があって、ようやく1枚売れました!

ストックフォトにもよりますが、とにかく100枚販売すると売り上げが変わってくるので、目標100枚を目指してみましょう。

また、100枚販売できれば、どんな写真が審査に通るのか、どんな写真が売れるのかも分かってきますよ。

撮影する写真を増やす

販売枚数を増やすためには、写真の枚数が必要です。

多く撮影するコツは、様々な角度から写真を撮ることです。

例えば、食べ物の写真を撮る時に、まずは全体を撮影、次に食べ物に近づけてアップで撮影、横から撮影など、1つの食べ物でも違った角度で写真を撮ったほうが枚数を増やすことができます。また、購入者の使用用途は様々なので、いろいろなアングルの写真があったほうが購入してもらいやすいです。

風景の写真でも、まずは全体を撮影、その次に「空」「山」「海」などに分けて撮影すれば、枚数は増えます。

まずは、撮影枚数を増やして、販売数を増やしてみましょう。

タグをつける

タグは1枚の写真に対して5~50個付けることが可能です。このタグは最大の50個付けましょう

例えば、写真を購入したいと思っている人が「空」と検索したとします。あなたの販売した写真に「空」というタグが付いていれば、検索結果としてあなたの写真が表示され、購入してもらえる可能性が増えます。

付けたタグが、検索キーワードになります。写真を見て分かる「空」「海」や、「青」などの色の情報、「青空」「快晴」などの連想される言葉を50個考えて、タグに付けておきましょう。

タグを5個しか付けなかった場合、検索キーワードに引っかかるのはなかなか難しいです。50個のタグを考えるのも付けるのも面倒ではありますが、それだけで売上が変わってくるので、絶対に付けることをオススメします。

タグはメモ帳やエクセルなどにコピーしておくと、使いまわしもできるので便利ですよ。ちなみに私はエクセルで管理しています。

ランキングに入る

各ストックフォトには、ランキングがあったりします。

このランキングは、トップ画面に表示されることが多いため、アクセスされる確率が増え、売上がグンと上がります。

まず最初にトップ画面に表示されるのが、売上枚数です。やっぱり人気の写真をトップ画面にしたほうが見栄えも良いですからね。

しかし、ここでトップになれるのはやはり一眼レフなどの良いカメラで撮影した写真が多いです。スマホ写真では、なかなか売り上げのトップランキングに入るのは難しいと思います。

では、スマホ写真ではランキングに入れないのでは?と思いますよね。

売り上げ以外にも、各ストックフォトによっては色々な種類のランキングがあります。例えば、写真の販売枚数、いいねの数、ファンの数など。これらのランキングであれば、スマホ写真でも頑張ればランキング入り可能です。

ちなみに、私は枚数でランキング入りを目指しています。これは購入された枚数ではなく、審査に通った(販売可能になった)枚数です。現在のところ、500枚が販売可能になり、ようやく1000番以内に入りました。しかし、まだまだ100位を切るには厳しい壁があります。なんとか100番以内には入りたいと毎日頑張っています。

単価をあげる

写真の単価が上がれば、1枚売れただけでも売上が増えます。

では、どうすれば写真の単価は上がるのでしょうか?

独占販売

Pixtaの場合、「独占販売」にチェックを入れてアップロードすると独占価格になるため、売れた時の写真単価が少し上がります。アップロード時でなくても、後から独占販売にすることも可能です。

しかし、注意点としては「独占販売」なので、他のストックフォトには販売出来ないということです。

Pixtaだけを使っている人は良いかと思いますが、他のストックフォトでも販売している人は気をつけましょう。

写真のサイズを大きくする

写真販売の単価は、サイズによって決まります。写真のサイズが大きいほうが、1枚の単価が上がります。

だいたい、S/M/Lサイズで販売されます。スマホ写真だとSかMサイズがほとんどです。

スマホの写真だとサイズが小さいので、サイズを大きくして販売することは難しいのですが、スマホの機種によってもサイズが違います。例えば、新しいスマホやカメラの性能が良い機種に変えると、単価が上がることもありますよ。

私はiPhone5Sで撮影した写真とiPhone6S、6Plusの写真を販売してみました。5Sの写真はかなり小さいので販売ができないストックフォトもありました。

多く売る

自分で努力しても売り上げを伸ばすのは難しいところではありますが、販売枚数が上がると単価も上がってきます。

pixtaの販売では、多く販売できると単価が上がります。1枚でも多く購入してもらえるように、タグを50個付けたり、ランキングに入るように枚数を増やしたりしてみましょう。

さいごに

私もまだまだお小遣い程度の売り上げですが、かなり売り上げは伸びてきました。

毎日少しづつ写真をアップロードして、販売枚数のランキング入りを目指しています。タグも全ての写真に50個付けています。

地味で面倒な作業かもしれませんが、私は簡単なので楽しんで副業しています。写真販売をしてみたい方は、ぜひ一緒に頑張りましょう!