スマホで撮った写真を売る方法とおすすめの写真販売サイト

写真

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

海外で旅をしながら生活しています。

私の収益は海外の仕事と、このブログです。しかし、コロナウィルスの影響で旅ブログは打撃をかなり受けています。

そこで、新しく「写真販売」を始めてみました。

今まで旅をして、ブログ用に撮りためた写真が数多くありました。しかし、私はプロでもなく、一眼レフカメラもデジタルカメラさえも持っていません。全てスマホで撮った写真のみを販売しています。

写真販売を開始したばかりですが、この記事ではスマホ写真でも販売できるおすすめのサイトと、販売方法についてご紹介します。

スマホの写真は販売可能?

少し前までは、一眼レフなどのカメラで撮影された画質の良い写真のみが販売可能でした。

しかし、今はスマホのカメラの性能が格段に良くなり、スマホのカメラでもプロのような良い写真を撮っている方も多く存在します。そのため、最近ではスマホでの写真販売を許可するサイトが増えてきています。

私も実際にスマホで撮影した写真のみを販売しています。

売上が作れたら、そのうち一眼レフを購入しようかな?と検討中ですが、まずはスマホ写真だけで売上が作れるのか試してみています。

写真を販売する方法

写真を販売するには、まず写真販売サイトに登録することから始めます。

この記事では、私が利用している7社の写真販売サイト(ストックフォト)をご紹介します。

写真販売の流れ

まず、写真を販売する方法と流れを記載します。

写真販売サイトに登録

販売したい写真を投稿
(アップロード)

写真の審査

販売開始

写真を販売する場合、残念ながら全ての写真が販売できるわけではありません。

各サイト(ストックフォト)によって、写真を販売するための審査があります。

写真の審査

審査に合格しなければ、写真の販売はできません。審査は、写真1枚毎に行われます。

審査基準は販売サイトによって異なりますが、審査のほとんどの内容は、著作権や肖像権を侵害していないか、写真の質(ピンぼけではないか)などです。

もちろん、他人が撮影した写真や、許可なく撮影した写真などは販売ができません。

私は全く同じ写真を各社に投稿してみましたが、サイトによって販売NGになることも販売OKになることもありました。

審査の日程は、写真を投稿してから1日~1ヵ月ほどかかります。こちらも販売サイトによって差があります。

スマホ写真を販売できるサイト

それでは、私が写真販売で使用しているサイト(ストックフォト)をご紹介します。

ここで紹介するサイトは、スマホ写真でも販売可能なサイトです。

Snapmart

国内サイトのSnapmart(スナップマート)は、スマホ写真OKと認められている写真販売サイトです。

スマホのアプリから写真を投稿できるので、SNSのように簡単に使えて、手軽に販売を始められます。

スマホで写真を撮影して、そのまま投稿(販売)できるのでPC操作が苦手な人でも写真販売を始められますよ!

登録も販売も、写真販売サイトの中では1番簡単です!写真を販売する時に審査がないので、すぐに販売できます。

プロの方はあまり使用しないサイトなので、スマホ写真でも素人でも売りやすいというメリットがあります。

スナップマートでは、人物写真がよく売れる傾向にあります。販売する際にはしっかりとモデルさんに販売許可を取り、モデルリリースを提出することをおすすめします。

PIXTA

PIXTA(ピクスタ)は、写真・イラスト・動画(映像)などのデジタル素材を5,000万点以上販売している、 国内最大級のサイトです。

写真以外にも、イラストや動画、音源なども販売できるため、様々なクリエイターの方が使用しています。

 

利用者が幅広くいるため、色々な種類の写真を販売できます。

法人の広告代理店・制作会社・各業種の制作担当や、個人のアフィリエイター・フリーランスのデザイナー・年賀状利用者がPIXTAから写真を購入します。利用客が多いと売れる可能性も高くなるので、販売におすすめのサイトです。

高品質な素材が豊富で、ライバルはプロですが、スマホ写真でも販売可能です。以前はスマホ写真NGでしたが、現在は販売OKになりました。

私が使用している感想としては、審査に時間がかかること、写真のアップロード枚数が1ヶ月30枚と決まっていることが少し面倒だと思います。しかし、審査OKが増えたり、売上が伸びると販売可能枚数が増えます。

 >>PIXTAに登録する

Adobe Stock

元々fotolia(フォトリア)という写真販売サイトでしたが、現在はAdobe Stock(アドビ・ストック)に変わっています。

写真だけでなく、イラストや動画の販売も可能です。Photoshopやillustlatorから直接イラストを投稿することができ、クリエイターが利用しやすい環境が整っています。

Adobeは海外サイトなので、慣れないうちは使い方がわからず、難しいと感じました。最初はアップロード(写真の投稿)方法がわからず、時間がかかりました。

ニューヨークのサイトですが、登録やタグ付けは日本語でも大丈夫です!

審査期間はPIXTAよりも早いです。他のサイトでNGだった写真も販売OKになる可能性が高く、1番販売がしやすいです。

ちなみに、私が1番最初に売上を作れたサイトは、アドビ・ストックでした。売上単価も他のサイトより良いので私はオススメです!

 >>アドビ・ストックに登録する

Shutter stock

Shutter stock(シャッター・ストック)も、海外(アメリカ)の大手写真販売サイトです。

海外サイトのため、写真投稿のタイトルやタグは全て英語です。

タグは英単語を調べたり、redやflowerなど、簡単な単語で問題ありません。英語ができなくても写真販売は可能です。似ている写真からタグを検索できる機能もあります。

また、サイトの登録や写真の投稿は日本語でできます。英語はタグとタイトルだけなので挑戦してみるのも良いと思います。

海外大手サイトなので、販売できる可能性が世界中に広がります。私が販売した写真も、アメリカや台湾の方が購入してくれました。日本の写真は海外需要も高いので、地元の写真なども海外で売れる可能性が高いですよ。

 

使用している感想としては、審査が結構厳しいです。他のサイトでOKだった写真でも販売NGになることが多いです。

しかし、審査でNGになった理由を教えてくれるので納得できて、次回投稿する時の参考にもなります。審査期間は1番早く、数時間や翌日に販売OKになることもあります。

英語でのタグ付けに挑戦できる人には、海外でも自分の写真を販売できるのでオススメの写真販売サイトです。

 >>シャッター・ストックに登録する

写真AC

この写真ACは他のサイトと少し違い、著作権の取り扱いに注意しなければいけません。

写真をアップロードしたことにより、会員は、写真の一切の著作権(著作権法27条及び28条の権利を含む)を弊社に譲渡し、以後、写真に関する著作権は弊社に帰属します。

写真素材ダウンロードサイト【写真AC】より引用

つまり、写真ACにアップロードした写真は他のサイトでは販売できません

写真ACだけで販売する場合は特に問題ありませんが、他の写真販売サイトも同時に利用している方は誤って他のサイトで同じ写真を販売しないように気をつけましょう。

 

写真ACの写真素材は、無料でダウンロードできます!

そのため、売上金額は低いのですが、ダウンロードされる枚数は圧倒的に多いです!ダウンロード数が多いため、毎月1万以上稼いでいる方もたくさんいるサイトです。私も、写真ACの売上が1番多いです。

売上金額はポイントで計算されます。通常の写真は2.75ポイント、モデルリリースが提出された人物写真は5ポイントずつ加算されます。

写真の審査が厳しくないので、スマホ写真の販売がとってもしやすいです。

昔のiPhoneで撮影した写真は、他のサイトではサイズが小さすぎてアップロードさえもできませんでしたが、写真ACでは販売も可能でした。私は、他のサイトでNGだった写真やサイズの小さい写真を写真ACで販売しています。

さらにダウンロード枚数も結構多く、写真販売を始めて3ヵ月で毎日売上を作れています!

写真素材素材【写真AC】

その他

その他にも、私はPhotolibrary(フォトライブラリー)とiStock(アイ・ストック)、123RFに登録しました。こちらはまだ販売していないので、紹介だけします。

Photolibraryは、一眼レフカメラで撮影した写真のみ販売ができます。私は一眼レフを持っていないので販売できませんが、一眼レフをお持ちの方はぜひ販売してみてくださいね。

iStockと123RFについては、販売開始したら追記します。

さいごに

まだ写真販売を開始して数日ですが、審査が通って写真の販売が開始になると嬉しいです。

スマホで撮った写真がお金になるのは、簡単ですよね。私もまだ始めたばかりで収益は出せていませんが、続けてみようと思います。ぜひ、皆さんも試してみてくださいね。

今後も続けて、売上報告もこのブログで公開する予定です。(売上報告できればいいなー)