スマホ写真販売1ヵ月の売り上げ報告

写真

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

自粛中で海外に行けない状況のため、今まで撮り溜めていた写真の販売を始めました。海外旅行や、普段の日常生活の中で撮影した普通の写真を販売しています。

以前の記事でも記載しましたが、私は一眼レフなどの良いカメラは持っていないので、スマホで撮影した写真のみを販売しています。

2020年4月から販売を始めて、1ヵ月間ほぼ毎日写真をアップロードしていました。

この記事では、スマホ写真の販売を始めて1ヵ月の売上について記載します。

スマホ写真の販売

スマホ写真でも売れるのかな?と半信半疑で写真販売を始めてみました。

サイトによってはスマホ写真NGだったり、写真サイズが小さすぎてアップロードできないことも多々ありました。スマホ写真OKの写真販売サイトは、以前の記事で記載しています。

写真販売を始めて1ヵ月、ほぼ毎日写真をコツコツとアップロードしてみたら、スマホ写真でも意外と多く審査に通りました。

そして、嬉しいことにスマホ写真でも売れました!!!

1ヵ月の売上報告

それでは、1ヵ月でアップロードした写真の枚数や、審査に通った枚数、そして売上金額について詳しく記載します。

アップロード枚数

まず、私が写真販売を始めて1ヵ月でアップロードした枚数は合計600枚でした!

この数字は、私が写真販売している7社の合計です。PIXTAが1ヵ月30枚しかアップロードできないので少ないですが、1社あたり平均100枚です。

毎日少しづつアップロードしていました。だいたい1日10枚~30枚ほどです。恐らく、プロの方から見たらこの数は少ないでしょう。(サイトの枚数規制から推測すると、プロの方だと1日100枚とかかな?)

最初はアップロードの際にいちいちタグ付けしていましたが、コツを得れば使いまわすことができるようになり、だんだん1日のアップロード数を増やせるようになりました。他の方のサイトなどを参考にさせていただき、タグは50個付けています。

審査に通った枚数

審査基準が最初はわからなかったため、かなり多くNG判定を受けました。審査NGになる基準や販売禁止の場所などもわからず、とにかく片っ端からアップロードして審査に出しました。

審査に通ったのは正直半分くらいです。そのため、実際に販売できているのは約半分、つまり300枚ほどです。

販売NGが毎日続いたこともありました。しかし、続けていくとNGの理由もわかってきて、審査に通ると思う写真を選んでアップロードすることもできるようになりました。

売上枚数

審査に合格した写真で実際に売れた枚数は、1ヵ月で6枚

アップロードした枚数から見ると1/100枚、販売枚数から見たら1/50枚ですね。

それでも、写真販売を始めて1ヵ月で売上が作れたので、私としては満足しています。しかも、良いカメラでもなくスマホで撮影した写真なので、1枚でも嬉しいです!

また、写真は1度審査に通って販売開始できれば、在庫が減るわけでもなく、ずっと販売状態なので放置しておくだけで売上に繋がります。将来的な不労所得にも成り得るので、なんでもっと早く始めなかったのかと思いました。

売れたサイト

売上が作れたサイトは、7社中3社でした。

売れたサイトは「Adobe Stock(アドビ・ストック)」「Shutter stock(シャッター・ストック)」「写真AC」の3社です。

アドビ・ストックは、審査が通りやすいため販売枚数が多いです。その分、売れる枚数も可能性も高いです。また1枚の販売単価も高いので、売上金額も1番多いです。

そしてシャッター・ストックは海外サイトなので海外からの購入があり、こちらも売れる可能性が広がります。私の写真は台湾からの購入でした。海外からの購入者がいると自分の写真が認められた気になり、とても嬉しいですし、モチベーションも上がります。

写真ACは売れた枚数が1番多いですが、1枚の販売単価が2.75円(ポイント)と低いので残念ながら売上金額としては1番低いです。審査基準が1番低いので、他のサイトで販売できなかった写真を写真ACに出しています。

売上金額

気になる売上金額ですが、正直少ないです。

全ての売上合計は1ヵ月125円!

まだ始めて1ヵ月なので、めげずに続けていこうと思います。まずは素人がスマホで撮った写真で、1ヵ月で数字が出せたということに満足です!

毎日アップロード作業をしていたので、時給換算すると哀しい数字ですが、とりあえず続けてみようと思います。

ちなみに内訳を表にすると、こんな感じです。

Adobe Stock Shutter Stock 写真AC
枚数 2枚 1枚 3枚
金額 92円 25円 8円

※1ドル=100円での計算です。

 

特にAdobe Stock(アドビ・ストック)は販売開始してから数日で売上を作れたので、おすすめできるサイトです!また、1枚の販売金額も高いので数枚売れれば、すぐに副収入を得ることもできます。

写真ACは販売単価が低いですが、スマホ写真でもダウンロード数が多いので、すぐに現金に換えることができます。

さいごに

売上金額はまだまだ少ないですが、スマホ写真が売れるのはとっても嬉しいです。また、1度アップロードすれば後は放置でOKなので、簡単にそして継続的に収入を増やすことができます。

写真販売はアフィリエイトよりも簡単で、売上も作りやすいです。

自粛期間が延長になった今、データとして眠っている写真を販売してみませんか?まずは100枚目指してアップロードするのがおすすめです!