写真販売の副業が向いている人・おすすめな人

写真

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

今年から写真販売を始めました。今までブログ用に撮り溜めていた写真がたくさんあったので、なんとなく副業として始めてみました。

私は始めてから1ヵ月で売上も作れたので、結構楽しい副業だと思っています。

しかし、以前のブログを読んでストックフォトに登録して挑戦した方から、なかなか稼げないという様子も伺えました。

この記事では、私が実際に写真販売をして感じた、写真販売(ストックフォト)に向いている人・おすすめな人について書いていきます。

スマホ写真は売れるの?

向いている人をご紹介する前に、そもそもスマホで撮った写真は売れるの?と疑問に思う方もいますよね。私も実際に売れるのかわからなかったですが、コロナの自粛期間で暇だったので副業として始めてみました。

しかし、冒頭にも記載しましたが、始めて1ヵ月も立たずに売上を作ることができました!

売上金額は別のぺージで細かく載せています。売れたサイトも記載しているので、これから写真販売を始める方は、登録するサイトの参考にしてみてくださいね。

ちなみに、私は一眼レフやデジカメなどは持っていません。全てスマホのカメラだけで撮影した写真を販売しています。(ちなみに、売上が入ったら一眼レフ購入予定です!!)

スマホで撮影した写真でも、頑張ればしっかり売れます!

写真販売が向いている人

それでは、どんな人が写真販売の副業に向いているのでしょうか?

写真を撮るのが好き

そもそも写真の撮影が好きではなかったり、撮るのが面倒だと思う方には向いてないですね。

美味しそうな食べ物や可愛い物を見ると、すぐにシャッターを切ってしまう!という人には楽しい副業ですよ。

また、インスタグラム等のSNSによく写真をアップする人には簡単な作業だと思います。写真のアップロードも同じような作業のなので、苦にならないと思います。

私の場合は、海外のきれいな風景や街並みなどをブログ記事のメモ代わりとして撮っていました。しかし全部の写真は使わないので、ブログに載せていない写真を販売しています。本当はブログに掲載予定の写真でしたが、販売することで売上が作れているし、新しい趣味も見つけたので結果的には良かったと思っています。

また、写真販売は枚数を多く販売しているほうが、売上も作りやすいです。写真を撮るのが好きで、すでにたくさんの写真を保存している人は、販売を始めてみたら売れるかもしれませんよ。

ちなみに、販売するサイトによっては写真の技術力はそんなに必要ないと思います。私のスマホ写真が売れるくらいなので、写真技術にこだわるよりも、販売枚数やタグ付けに力を注いだほうが稼げます。

スキマ時間に副業したい

写真販売の作業時間は人にも寄りますが、1日中ずっとアップロード作業をしている人は滅多にいないと思います。(プロは別として)

私の現在の作業量としては、1日1時間もかからない程です。約1時間で売上の確認と、新しい写真を1日3~15枚程アップロードしています。

サラリーマンでも主婦の方でも、1日1時間程度であれば作業できると思います。私も、別の仕事をしながら夜に写真をアップロードしていました。

スマホで撮った写真を販売する方法とおすすめの写真販売サイトで紹介している『Snap mart(スナップマート)』であれば、スマホアプリから簡単に写真のアップロードが出来ます。通勤時間や休憩中でも副業できますよ。

コツコツ作業が苦にならない

私は写真販売が楽しいと思えているので、ほぼ毎日コツコツと写真をアップロードしています。

正直に言ってしまうと、写真のアップロードは結構つまんないし面倒な作業だったりします。

私も1~2ヵ月くらいは結構めんどくさいなー、売れても少額だもんなーと思うことが多くありました。

特に面倒なのが「タグ付け」です。インスタグラムのハッシュタグ(#)のような物です。

写真1枚につき5~50個のタグを付けてアップロードですのですが、似たようなタグ(キーワード)しか考えられなくて、面倒に感じていました。しかし、慣れてくればコピペで作業できます。

タグは少なくても5個程付ければ良いのですが、50個付けたほうが検索キーワードに引っかかりやすいので、売れる確率が格段に上がります!

ちょっとめんどくさい作業ですが、とにかくコツコツと出来る人・続けられる人が写真販売では稼げます!

紹介でストックフォトに登録した方で、全然稼げない!と言っている人がいました。写真を見せてもらったら、写真の販売枚数が3枚でした。

最低でも100枚は販売状態にしておかないと売上を作るのは難しいと思います。100枚販売して1枚も売れなかったら、恐らく写真技術や写真素材(被写体)の問題ですね。

将来を見据えて続けられる人

写真はデータでの販売なので、在庫を抱えるリスクも在庫を補充する必要もありません。フリマアプリのような配送も不要で、どちらかといえば楽な副業です。

そして、売上が作れれば将来的には不労所得にも成り得ます。

写真の審査に通れば、あとは作業をしなくても良いので、何もしなくても売上が入ってくるという人もいます。

将来を見据えて作業できる人であれば、向いていると思いますよ。

私自身も将来を見据えて、今はコツコツとお小遣い稼ぎ程度で頑張っています。

スマホ写真を販売できるサイト

私が写真販売で使用しているサイト(ストックフォト)をご紹介しておきます。

ここで紹介するサイトは、スマホ写真でも販売可能なサイトです。

Snapmart

国内サイトのSnapmart(スナップマート)は、スマホ写真の販売OKと認められている写真販売サイトです。

スマホのアプリから写真を投稿できるので、SNSのように簡単に使えて、手軽に販売を始められます。

スマホで写真を撮影して、そのまま投稿(販売)できるのでPC操作が苦手な人でも簡単に副業を始められますよ!

登録も販売も、写真販売サイトの中では1番簡単です!写真を販売する時に審査がないので、すぐに販売できます。

素人でも売りやすいというメリットがあります。

スナップマートでは、人物写真がよく売れる傾向にあります。販売する際にはしっかりとモデルさんに販売許可を取り、モデルリリースを提出することをおすすめします。

PIXTA

PIXTA(ピクスタ)は、写真・イラスト・動画(映像)などを販売している、 国内最大級のサイトです。

利用者が幅広くいるため、色々な種類の写真を販売できます。利用客が多いと売れる可能性も高くなるので、おすすめのサイトです。

私が使用している感想としては、審査に時間がかかること、写真のアップロード枚数が1ヶ月30枚と決まっていることが少し面倒だと思います。

しかし、審査OKが増えたり、売上が伸びると販売可能枚数も売上単価も増えます。頑張った分だけ成果が出る写真販売サイトです。

 >>PIXTAに登録する

Adobe Stock

Adobe Stock(アドビ・ストック)は、写真だけでなく、イラストや動画の販売も可能です。

海外のサイトなので、慣れないうちは使い方がわからず、難しいと感じました。最初はアップロード(写真の投稿)方法がわからず、時間がかかりました。

ニューヨークのサイトですが、登録やタグ付けは日本語でも大丈夫です!

他のサイトでNGだった写真も販売OKになる可能性が高く、審査は通りやすいです。

ちなみに、私が1番最初に売上を作れたサイトは、アドビ・ストックでした。売上単価も他のサイトより良いので私はオススメです!

 >>アドビ・ストックに登録する

Shutter stock

Shutter stock(シャッター・ストック)も、海外(アメリカ)の大手写真販売サイトです。

海外サイトのため、写真投稿のタイトルやタグは全て英語です。

タグは英単語を調べたり、redやflowerなど、簡単な単語で問題ありません。英語ができなくても写真販売は可能です。似ている写真からタグを検索できる機能もあります。

また、サイトの登録や写真の投稿は日本語でできます。英語はタグとタイトルだけなので挑戦してみるのも良いと思います。

海外大手サイトなので、販売できる可能性が世界中に広がります。私が販売した写真も、アメリカや台湾の方が購入してくれました。

日本の写真は海外需要も高いので、地元の写真なども海外で売れる可能性が高いですよ。

使用している感想としては、審査が結構厳しいです。他のサイトでOKだった写真でも販売NGになることが多いです。

しかし、審査でNGになった理由を教えてくれるので納得できて、次回投稿する時の参考にもなります。審査期間は1番早くて、数時間や翌日に販売OKになることもあります。

英語でのタグ付けに挑戦できる人には、海外でも自分の写真を販売できるのでオススメの写真販売サイトです。

 >>シャッター・ストックに登録する

写真AC

写真素材ダウンロードサイト写真ACでも、写真を販売しています。

写真ACは他のサイトと少し違い、著作権の取り扱いに注意しなければいけません。

写真をアップロードしたことにより、会員は、写真の一切の著作権(著作権法27条及び28条の権利を含む)を弊社に譲渡し、以後、写真に関する著作権は弊社に帰属します。

写真素材ダウンロードサイト【写真AC】より引用

つまり、写真ACにアップロードした写真は他のサイトでは販売できません

写真ACだけで販売する場合は特に問題ありませんが、他の写真販売サイトも同時に利用している方は誤って他のサイトで同じ写真を販売しないように気をつけましょう。

写真素材素材【写真AC】

写真ACの写真素材は、無料でダウンロードできます。

そのため、売上金額は低いのですが、ダウンロードされる枚数は圧倒的に多いです!ダウンロード数が多いため、毎月1万以上稼いでいる方もたくさんいるサイトです。私も、写真ACの売上が1番多いです。

売上金額はポイントで計算されます。通常の写真は2.75ポイント、モデルリリースが提出された人物写真は5ポイントずつ加算されます。

写真の審査が厳しくないので、スマホ写真の販売がとってもしやすいです。

昔のiPhoneで撮影した写真は、他のサイトではサイズが小さすぎてアップロードさえもできませんでしたが、写真ACでは販売も可能でした。私は、他のサイトでNGだった写真やサイズの小さい写真を写真ACで販売しています。

さらにダウンロード枚数も結構多く、写真販売を始めて3ヵ月で毎日売上を作れています!

スマホ写真の枚数を多く販売するなら、写真ACが売上を1番伸ばすことができます。

さいごに

ストックフォトでの写真販売は、ちょっと面倒な作業をコツコツとこなせる人が向いています。

始めはなかなか審査に通らなかったり、売れなかったりしますが、地道に販売を続けていけば売上も少しずつ増えていきますよ。

また、将来的な不労所得にも成り得るので、ぜひめげずに続けてみてくださいね。