バンコクから世界遺産アユタヤへ自力で行く方法と料金

タイ

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

タイのバンコクからアユタヤへ行ってきました。

バンコクから電車と乗り合いのバンを使ってアユタヤまで行き、帰りは電車のみを利用しました。

この記事では、バンコクからアユタヤまでの2通りの自力での行き方・帰り方、2通りの料金について記載しています。

ちなみに私たちはタイのラムカンヘン(Ramkhanheng)駅周辺に宿泊していたので、最寄り駅からの行き方もご紹介します。

料金は全てタイバーツ(B)で表示しています。

アユタヤとは?

アユタヤ(Ayutthaya)はタイの首都バンコクよりも北に位置し、タイの中部にある都市です。

アユタヤ王朝の都は、かつてはタイの交易の中心として栄えていました。現在は、「古都アユタヤ」として世界遺産にも登録されています。

バンコクだけでなく、アユタヤにも世界中からの観光客が訪れています。

日本語では「アユタヤ」と表記されていますが、タイ語の発音は「アユッタヤー」がより近いです。

バンコクからアユタヤへの行き方

まずは、私がバンコクからアユタヤへ自力で行った行き方をご紹介します。

ホテルの最寄り駅のラムカンヘン駅からアユタヤまで電車と乗り合いバンを乗り継いだ行き方です。

ラムカンヘン駅からパヤタイ駅

私たちが宿泊したホテルの最寄り駅、ラムカムヘン駅(Ramkhanheng)からパヤタイ駅(PhayaThai)までは地下鉄で向かいました。

この区間の料金は25Bです。

タイの地下鉄の切符は、色のついたコインでした。このコインを改札にピッとかざします。コインを無くさないように気をつけてくださいね。

ラムカムヘン駅には、荷物を預けられるロッカーもありました。

ホテルをチェックアウトしても荷物をラムカンヘン駅で預けることができますよ。

パヤタイ駅からモーチット駅

パヤタイ駅で、地下鉄から電車を乗り換えます。

この乗り換えの時にマクドナルドがあり、パイナップルパイを購入しました。日本では売っていない味なので食べてみましたが、美味しいです。

料金は26Bです。

赤いパッケージのクリスピー&デリシャスパイ(Crispy & Delicious Pie)は、ツナみたいな味でした。

さて、電車を乗り換えてモーチット駅(Mo Chit)へ行きます。パヤタイ駅からモーチット駅までは34Bでした。

モーチット駅には、パン屋さんや軽食のお店がありました。

Note Bakeryというおしゃれなパン屋さん、Bready Bearというクマのマークのパン屋、地元のお母さんがやっている小さなお店などがありました。

Bready Bearが地元の人で列ができていたので、ここでタロイモパンを購入しました。20Bです。

バンでアユタヤへ

モーチット駅から、バン乗り場へ行きます。

私がマップで調べた時に徒歩20分と表示されていたので、モーチット駅から歩いてみました。

まず、広場にでます。

 

しかし、始めて行く場所なので道もマップを使っても道がよくわからず、歩道が行き止まりのところもありました。

さらに暑いので、歩くのも余計に疲れます。

最終的に、道の途中であきらめてタクシーでバンの乗り場まで行きました。

モーチット駅からタクシーで行けば良かったと後悔したので、この記事を見てくれた方にはタクシーで移動するのをオススメします。

バンの乗り場に到着すると、スタッフに行き先を聞かれます。アユタヤと答えれば、アユタヤ行きのバンに案内してくれます。

ここからは、ロットゥと呼ばれる白いバンでアユタヤへ行きます。

バンは乗り合いで、定員人数に達したら出発します。乗り合いですが、そんなに窮屈なこともなく快適でした。

バンの料金は60Bです。

所要時間は、約1時間半ほどでアユタヤに到着します。

アユタヤ

アユタヤ内での移動は、自転車をレンタルしました。

バンを降りると、自転車レンタルのお店が何件かあります。

アユタヤにはたくさんの遺跡があり、遺跡の場所も広いです。

歩いて廻ることも出来ますが、自転車のほうが色々な場所を見に行けるので自転車レンタルがおすすめですよ。

バンコクへの帰り方

私たちは、アユタヤからバンコクへ電車のみで帰りました。

アユタヤ駅からバーンスー駅

まずは、アユタヤ駅からバーンスー駅(Bang Sue)へ行きます。

この区間は14Bです。

電車は乗り心地も良く、速くて快適でした。

夕方過ぎて暗くなってから乗りましたが、地元の人や観光客など乗客も多かったです。

バーンスーからペッチャブリー

バーンスー駅で、電車を乗り換えます。

ここからペッチャブリー駅(Phetchanaburi)までは37Bでした。

マッカサン駅からラムカンヘン駅

マッカサン駅(Makkasan)から最寄り駅のラムカンヘン駅までは15Bでした。

バンと電車の料金比較

バンでアユタヤへ行った時の料金と、電車で帰ってきたときの料金を比較してみます。

バンの料金

ラムカンヘン→パヤタイ 25B
パヤタイ→モーチット 34B
タクシー(モーチット→バン) 35B
ロットゥ(乗り合いバン) 60B
合計 154B

電車の料金

アユタヤ→バーンスー 14B
バーンスー→ペッチャブリー 37B
マッカサン→ラムカンヘン 15B
合計 66B

さいごに

バンコクからアユタヤへの行き方は、ラムカンヘンからは電車のほうが安く行くことができました。

また、電車のほうが乗り換え回数も少ないので楽でした。

バンコクのモーチット駅に近い場合は、バンのほうが安いです。最寄り駅によって料金が異なるので参考にしてくださいね。

アユタヤは、タイの首都バンコクから自力でも日帰りで行ける都市です。

世界遺産アユタヤは、たくさんの遺跡があり、見どころもたくさんあります。

ゾウに乗ったり、トラと写真を撮ることもできました。

アユタヤの中では、ずっと「アユッタヤー」という音楽が流れていて、耳につきます。ぜひ聞きに行ってみてくださいね。

Fujinaka Hitomi