台北の饒河街観光夜市のおすすめグルメとショップ

台湾

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

台湾旅行の楽しみの1つと言えば、夜市ですよね。台北だけでも夜市がたくさんあります。

台湾の夜市で1番有名な士林夜市には何度か行ったので、今回は饒河街観光夜市に行ってみました。

この記事では、饒河街観光夜市の様子とショッピングやグルメの情報などをご紹介します。

饒河街観光夜市とは?

台湾で1番有名は夜市といえば「士林夜市」ですが、この饒河街観光夜市は士林に次いで2番目に有名で人気のある夜市です。

日本語での読み方は、饒河街(じょうががい)観光夜市だそうです。英語だと、Raohe St Night Marketと呼びます。

服や雑貨などのショップ、台湾フードの屋台などが多く立ち並び、士林夜市と同様に多くの観光客が訪れます。

なんと、饒河街の通りに様々なショップや屋台が600メートルも続いていて、とても広く長い夜市です。

饒河街観光夜市の様子

それでは、饒河街観光夜市のお店やグルメの様子、料金などをご紹介します。

料金は台湾元で表示しています。

ショッピング

服やカバン、靴、帽子、アクセサリーなどを販売しているショップが多く立ち並んでいました。

販売されているものは、Tシャツやバッグなど、士林夜市とそんなに変わりありませんでした。

やっぱり台湾の夜市といえば定番の偽ブランドの販売もありました。

アクセサリーが安いお店もたくさんありました。ネックレスやピアス、リングなど安すぎるので大量購入しても後悔しません。

普段使いできるヘアゴムやヘアアクセサリーも充実していました。

まとめ買いで安くなる物も多いので、大きめのカバンを持ってくるのがオススメですよ。もちろん、夜市でバッグを購入しても良いと思います。

意外にも、キッチン用品も少しあり、友人(主婦)が安い!と嬉しそうに大量購入していました。

台湾には、可愛い物が多くて目を奪われます。

こちらは、紅茶とコーヒーです。パッケージが可愛くて、さらに色々なフレーバーがありました。

販売していたおばあちゃんは英語も日本語も話せませんでしたが、隣で別の商品を販売していたお姉さんが英語に通訳してくれました。全然違うお店なのに、台湾人のお姉さんがとっても優しかったです。

激安すぎて行列ができていたお店もありました。

こちらは、筆記用具や雑貨を販売しているお店です。

なんと、鉛筆やノート、消しゴムなどの筆記用具が10元でした!お子さんがいる方や、小学生のお土産としてもオススメです。

グルメ

タピオカ、台湾のローカルフードなども食べることができます。

私たちは適当に見た目だけでローカル感のあるお店を選びました。

ほとんどのメニューが60元で、かなり安いです!

「腸」と書いてあったので少し躊躇していましたが、食べてみたら美味しかったです。

腸類も注文して、みんなで食べてみましたが、美味しかったです。

見た目は完全に腸でしたが、しっかりと火を通してくれるので食べられますよ。

マッサージ

饒河街観光夜市は、かなり多くの人が訪れる夜市で、メイン通りは混雑していました。

疲れたなーと思った時に、ちょうどマッサージのお店を見つけたので入りました。

占い

最後に、友人がやりたい!と言っていた占いに行きました。

この饒河街観光夜市の占いは現地でも有名で、よく当たるそうです。

「日本語OK・日本語話せます」という看板が立っていたので、日本語で話しかけてみました。

結局は全然日本語を話せる人はおらず、友人が中国語から英語へ通訳してくれました。

多少は日本語を話せましたが、単語を少し知っているレベルで、全く何を言いたいかわかりませんでした。こちらの要望も聞き取ってはもらえず、漢字を見せてもらってなんとか解釈するようなかんじでした。

友人は当たってる!と言っていたので、おそらく占い自体は良いのだと思います。

日本語か英語が通じる人がいる時に、また聞いてみたいです。

インフォメーション

営業時間:17:00~翌1:00 ※店舗によって異なります。

電車で行く場合は、MRTの松山駅で下車します。5番出口から出て、左の通りを抜けると、夜市の入口(門)が見えてきます。

さいごに

台北の饒河街観光夜市は、色々なものが安く手に入ります。

私は士林夜市も好きですが、この饒河街観光夜市のほうが個人的には楽しかったです。

ぜひ饒河街観光夜市にも足を運んでみてくださいね。