フィリピンのちょっと変わった文化・考え方まとめ

フィリピン

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

フィリピンのセブ島に約1年間住んでいました。

セブ島もフィリピン人も大好きな私ですが、やっぱり日本人には理解できない、ちょっと変わった文化も多くありました。

語学学校の生徒さんからの質問も多くあったので、この記事にまとめることにしました。

この記事では、フィリピン人のちょっと変わった文化と考え方についてご紹介します。

食事

とにかく甘党

フィリピン人は、甘い物が大好きです。

日本人も甘い物が好き!という人は多いですが、フィリピン人の甘い物というのは激甘です。

お菓子も甘すぎるものが多いです。

ブラックコーヒーがない

フィリピンのコーヒーには、ほとんど全てに砂糖とミルクが入っています。

「3 in 1」と書かれているコーヒーには、最初から砂糖とミルクが入っています。

驚くのは、ブラックコーヒーの「3 in 1」があることです。つまり、ブラックコーヒーなのに、砂糖とミルクが入っています。

これはフィリピンでは普通のことだそうです。

フィリピンでブラックコーヒーを探すのは、とっても困難でした。販売していますが、なかなか見つかりません。

そして、コーヒーだけでなく、紅茶にも砂糖が入っているのが普通です。

私も最初は甘すぎるレモンティーに驚きましたが、今では甘さにも慣れて普通に飲めるようになりました。

ミロの呼び方と飲み方が違う

子供のころに飲んだMilo(ミロ)という名前の美味しいココアを覚えていますか?

フィリピン人は、このミロのことを、マイロと呼びます。(英語のつづりは同じです。)

フィリピンにもこのマイロは売っていて、甘党のフィリピン人は大人も子供もマイロが大好きです。

まず呼び方の違いに少し驚きましたが、1番驚いたのはこのマイロをお湯で溶かさず、粉のまま食べはじめた時です!

ココアの粉も食べ物にしてしまうフィリピン文化は、さすがに理解できませんでした。

フィリピン人から「美味しいから試してみて」と言われて、私も試してみました。味はなんとなく想像がつきます。そして、普通にココアとして飲むほうがやっぱり美味しいと思いました。

何でもテイクアウト

フィリピンのレストランでは、食べ物のテイクアウト(持ち帰り)をするのは普通のことです。

大家族でレストランに行くフィリピン人が多く、色々注文して食べきれなかった分をテイクアウトします。

しかし、本当に何でもテイクアウトするので驚いたことが何度かありました。

まず、スープをテイクアウトするか聞かれた時、どうやってテイクアウトするのか気になり「はい」と答えました。数分後に、店員さんが透明なビニール袋にスープを入れて持ってきてくれました。

2回目は、フィリピン人の女の子がハロハロ(フィリピンのパフェ)をテイクアウトすると言った時に驚いてガン見しました。

 

アイスクリームが入ったハロハロをどうテイクアウトするのか見ていたのですが、やっぱり透明なビニール袋に入れて持ってきました。

フィリピンでは、スープでもアイスクリームでも、ビニール袋を使ってテイクアウトができます。

ナイフがない

フィリピンのレストランには、基本的にはナイフがありません。

みんなフォークとスプーンしか使っていません。

しかし、ナイフが欲しいときもありますよね?

そんな時、フィリピン人はスプーンをナイフの代わりに使い、食べ物を切ります。とても器用ですね。

ちなみに、ステーキ屋さんにはステーキ用のナイフがありました!私がフィリピンに住んでいてナイフを見たのは、そのレストラン以外ないと思います。

食器・トレーの返却口がない

フィリピンのファストフード店では、食器やトレーの返却口がありません。

つまり、片付けなくても大丈夫です。

日本人の生徒さんによく質問されることですが、フィリピンでは食器やトレーは机に置いたまま立ち去りましょう。

フィリピンでは、片付け専門の仕事の人がいます。

日本人は親切心で片付けをしてしまうことがありますが、フィリピンで片付けてしまうと「仕事をとらないでくれ!」と言われることもあるので注意しましょう。

人間関係

Facebookの友達申請

フィリピンでは、Line(ライン)などのアプリケーションがないため、Facebookのメッセンジャーかテキストでやり取りしています。

そのためか、フィリピン人のFacebookの友達はとても多いです。

また、フィリピン人は一度会った人や多少知っている、見たことある!という人ともFacebookを交換します。

驚くのが、全然関わりのない人にもFacebookの申請を送ることです。例えば、友人の友人とか。

私はこういうフレンドリーな文化が好きですが、日本人は「仲が良いわけでもないのに急になんで申請が来たの?」と困惑する人もいるようですね。

そういう文化、人柄だと受け入れて承認してあげると喜ばれますよ。

私が1番びっくりしたのは、友達(フィリピン人)のお母さんや兄弟、旦那から申請が来た時です。とにかく1度会っただけでも、Facebookの友達申請が来ます。

誘ったほうが奢る

フィリピン人を遊びや食事に誘う場合、気をつけなければいけないことがあります。

どんな場合でも、「誘った側が奢る」ことです。

よくフィリピン留学の生徒さんは、フィリピン人の先生を誘ってご飯に行くことがあります。この時、生徒さんが先生に奢るのがフィリピンでのマナーです。

家族も連れてくる

フィリピン人を遊びに誘うと、「お母さんも連れて行っていい?」「家族を連れて行ってもいい?」「友達も呼んでいい?」と聞かれることがよくあります。

そう聞かれると、いいよ、と言ってしまうのが日本人ですよね。

しかし、先に紹介した通り、誘った側が奢らなければいけないため、お母さんの分や家族分もお支払いしなければいけません。家族や友達は払ってね、なんて言えないので気をつけましょう。

私が1番驚いたのは、男性がフィリピン人の女の子をデートに誘ったら、叔母さんも一緒だったという話です。初デートだったから用心のためかもしれませんが、この場合は叔母さんの食事代も出さなければなりませんよ。

日常生活

髪を乾かさない

シャワーを浴びた後、髪の毛を乾かす習慣がありません。そのため、ドライヤーがないという家庭も多いです。

また、1番多いのは自然に乾くから良いと思っている人が多いです。

驚いたのは、朝シャワーを浴びて、そのまま髪を乾かさずに仕事やショッピングに来る人が多いことです。

日本人はこの文化を知らない人が多いので、ショッピングモール内で髪の濡れたままのフィリピン人を見て「雨かな?」と思う人が多くいました。

自然乾燥です。

洗濯は手洗い

フィリピン人の週末の予定は、ほとんど決まって洗濯です。週末にまとめて洗濯をするそうです。

フィリピンのほとんどの家庭には洗濯機がなく、洗濯は手洗いです。

慣れていますが、手洗いはやっぱり時間がかかるので大変ですよね。

休日はホームタウンへ

連休には、ほとんどの人がホームタウン(実家・故郷)へ帰ります。

ただし、飛行機や船で帰らなければいけない場合はお金がかかるので帰らない人が多いです。

長距離バスで帰れる人は、連休になると嬉しそうにホームタウンへ帰り、家族との時間を過ごします。

セブ島の中心部からセブ島の南や北までは、長距離バスで約5時間かかります。それでも、家族に会いにホームタウンへ帰るそうです。

いつでも歌う

フィリピン人は、いつでも楽しそうに歌っています。

それがたとえ仕事中でも、急に歌いだします。

語学学校の日本人生徒さんは、授業中に先生が歌いだした!と驚く方が多くいますが、これはフィリピン人にとっては普通のことです。

歌う以外にも、仕事中に急にゲームをはじめたり、音楽をかけたりもします。

フィリピン人と仕事を一緒にすると楽しいのですが、雇う側は大変だそうです。

シャイといいながら踊る

フィリピン人はよく「私シャイだから~」と言います。

しかし、人前でも全然歌ったり、踊ったりしてくれます。しかも、歌も踊りも上手な人が多いです!

フィリピンタイム

フィリピン人には、フィリピンタイムという時間があります。

これは、日本人が嫌う遅刻です。

フィリピン人と待ち合わせをすると基本的には30分~1時間は普通に遅れてきます。また、遅れても悪気は一切ありません。

私もフィリピン人と待ち合わせをした時、「今から家を出るね~」という連絡が待ち合わせ時間の1時間後に来ました。結局、そこから1時間かかって到着したので合計2時間待ちました。

フィリピン人と待ち合わせる時、遊びに行くときは絶対に遅れてくることを想定して予定を組んだり、時間が潰せる場所や物があると良いですよ。

仕事も遅れる

遊びだけでなく、仕事も普通に遅れて来ます。

また、そんな文化なので悪気もなく普通に笑いながら来ます。

フィリピンでビジネスをしている人は、1番難しいのがフィリピン人の管理だと言っていました。

遅れるだけでなく、急な休みも多いそうです。

考え方

楽観的

フィリピン人の考え方は、基本的に楽観的です。

みんな「お金はないけど幸せ」「家族がいるから幸せ」と言って、毎日とっても楽しそうに生活しています。

とにかく笑っている人が多く、私はこういったフィリピン人の考え方がとても羨ましいです。

金銭面

給料は全部使う

フィリピン人は、給料をもらったらすぐに使います!

まず、給料日は基本的に2週間に1回あります。日本とはここがまず違うのですが、海外では2週間毎に給料日というのが結構普通です。

フィリピン人はまず、給料をもらったら全額引き出します。そのため、給料日はATMに行列ができたり、ATMの中のお金が空っぽになることもあります。

そして給料日には引き出したお金を全部ショッピングに使うというのが習慣です。

ただ、若い人は最近貯金する人も増えてきています。

家族に仕送り

フィリピン人は、大家族が多いです。

長男・長女は仕事をしたら必ずといっても良いほど、家族のために仕送りをしています。

複雑な家庭環境の人も多く、長男・長女が妹・弟の学費を出しているという家庭が結構多いです。

恋愛観

離婚できない

1番驚かれるのがこの、フィリピンでは離婚出来ないということです!

これは文化というか、宗教と法律のためです。フィリピンではキリスト教の信者が多く、キリスト教に離婚という概念がないそうです。

また、フィリピンの法律でも離婚を認めていないため、結婚したら一生その人と一緒にいるそうです。

しかしながら、心変わりすることも、結婚して合わないということもありますよね。

不倫は牢屋へ

不倫をした場合、フィリピンでは捕まります!!!

例えば旦那さんが不倫して、奥さんが訴えた場合、旦那さんは牢屋行きです。ものすごい法律ですよね。もちろん、奥さんが不倫した場合も同様です。

しかし、片方が訴えなければ牢屋へ行くことはありません。そのため、離婚しないまま別居し、婚姻関係はそのままでお互いに相手がいるという夫婦も多いです。

最近では、結婚せずに子供がいるという家族もあります。フィリピンの家族は複雑な家庭が多いです。

さいごに

フィリピンの変わった文化についてご紹介しました。

日本の文化や考え方とは違うことも多く、理解できないことも多少あります。

この記事には、語学学校の生徒さんによく聞かれることや、私自身が驚いたことをまとめました。

これからフィリピンに行く方の興味・参考になれば嬉しいです。