フィリピン料理13種類と日本人におすすめの名物料理

フィリピン

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

フィリピンのセブ島に約1年住んでいました。

フィリピン人にレストランなどに連れて行ってもらうことも多く、フィリピン料理を色々と食べ歩きました。

この記事では、フィリピン料理のご紹介と、日本人に人気のある食べ物をご紹介します。

フィリピン料理の特徴

フィリピン料理は、醤油を使った味付けが多く、日本料理と少し似ています。

豚肉や鶏肉を使った料理が多いです。

ガーリックの効いた料理も多いです。フィリピンでは普通のライスもありますが、ガーリックライスを提供しているレストランも多いです。

日本人のお客さんや生徒さんをフィリピン料理レストランに連れて行っても、フィリピン料理は美味しいと喜ばれることが多いです。

フィリピン料理は油っこいものもあるため、日本人に人気の料理と、そうでない料理があるのでご紹介します。

おすすめフィリピン料理

フィリピン料理をご紹介します。日本人の口に合うかどうかも、記載します。

レチョン

レチョン(Lechon)は、セブ島の郷土料理ですが、フィリピン全土でも大人気の料理です。

フィリピン料理といえば、まずレチョンは外せません!

豚を柔らかく仕上げた料理です。

お店によってソースの味が全然違います。

レチョン・カワリー(Lechon Kawalii)やレチョン・マノク(Lechon Manok)など種類があります。

この違いは、皮の柔らかさの違いです。

レチョン・カワリーの皮はパリパリに仕上げています。マノクは柔らかいです。

パタ

クリスピー・パタと呼ばれているレストランが多いです。

皮をパリパリに仕上げた豚肉料理です。

レチョンも有名ですが、こちらのクリスピー・パタも、フィリピン人に大人気です。

日本人の口にも合う味ですよ。

シャンハイ・ルンピア

ルンピアは、フィリピンの春巻きです。

日本人にはしょっぱいと言われることが多いのですが、お店によっては美味しいです。

アドボ

醤油と酢で味付けされたフィリピン料理を、アドボ(Adobo)と呼びます。

チキンやポーク、イカなどのアドボがあります。

チキン・アドボは、簡単で美味しいので、よく家庭料理としても作られています。

アドボも日本人の口に合う味で美味しいと好評です。

ベイクド・スカロップ

ホタテをバターとニンニク、チーズをのせて焼いた(炙った)料理です。

フィリピンのホタテは小ぶりですが美味しいので、私は毎回レストランで注文しています。

日本人にも人気の味付けなので、ぜひ食べてみてくださいね。

ガーリックが効いているので、ライスも一緒に注文するのがオススメです。

シシグ

シシグは、フィリピンの家庭料理です。

細かく刻んだ豚肉を、玉ねぎや卵、唐辛子などと一緒に炒めた料理です。味付けは醤油ベースです。

人気の料理なので、最近ではレストランでも提供されています。

シシグも色々な種類があり、レチョン・シシグ(Lechon Sisig)やツナ・シシグ(Tuna Sisig)など、作る人やレストランによって味が違います。

レストランによって辛さも違うので、辛いのが苦手な方は注意してくださいね。

少し濃い味付けなので、お酒好きな方に特におすすめです。ビールと合います。

また、シシグはライスとの相性も抜群です!

パンシット・カントン

パンシット・カントンは、日本人に大人気です!

味付けは違いますが、日本の焼きそばに似ています。

日本人にすすめると、みんな美味しいと喜んでくれます。

フィリピンに来たら、フィリピン風焼きそばもぜひ食べてみてくださいね。

タロン

ナスを平たく焼いたフィリピン料理です。

フィリピン人に人気で、一緒にレストランに行くとほぼ必ず注文していました。

日本人には少し油っこいですが、味は美味しいです。

シニガン・スープ

野菜やお肉が入ったヘルシーなスープです。

酸っぱいスープなので、好き嫌いがわかれます。

日本人には、見た目のイメージと違った、と好まれないことが多いです。

カレカレ

名前と色がカレーのようですが、味は全然違います。

見た目と違ってピーナッツ味なので、あまり日本人には好まれないことが多いです。

カンコン

カンコン(KangKong)は、緑の野菜を炒めた料理です。

ガーリックが効いていて、大人向けの味付けです。

見た目はさっぱりしていますが、味付けが美味しいと評判です。

フィリピン留学をしていると、なかなか野菜を摂取できないので、野菜が食べたいという方におすすめです。

パラボク

フィリピンの家庭料理です。

レストランで提供しているところは少ないですが、ファストフード店のマングイナサルで提供されています。

ハロハロ

フィリピンのデザートといえば、やっぱりハロハロです。

ハロハロも、お店に寄って全然味が違います。

色々なお店で食べ比べても良いと思いますよ。

さいごに

フィリピン料理は、基本的には日本人の口に合う料理が多く、美味しいです。

ぜひ色々な種類のフィリピン料理を試してみてくださいね。

私は日本人のお客さんや生徒さんには、いつもレチョンとパンシット・カントンをおすすめしています!美味しいのでフィリピンに来たらぜひ食べてみてくださいね。

関連記事

Fujinaka Hitomi