セブ市内からも近くて安く行けるLantaw・Talisay店(インスタ映えスポット)

フィリピン

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

フィリピンのセブ島で、語学学校のインターンシップをしています。

以前の記事で、Lantaw Floating Restaurant(ランタウ・フローティング・レストラン)という、食事も景色も良いセブ島のレストランをご紹介しました。

Lantawは人気のレストランですが、セブ市内からもマクタンからも少し遠いので、なかなか行ける時間がないという人も多いです。また、ランタウの料理は安いけれど、レストランまで行く交通費が高いという問題もあります。

そこで今回は、セブ市内から1番近いLantaw Talisay(ランタウ・タリサイ)店についてご紹介します。

Lantawとは?

Lantaw Floating Restaurant(ランタウ・フローティング・レストラン)は、その名の通り、海に浮かぶレストランです。

食事はフィリピン料理ですが、日本人の口にも合う味付けで、美味しいです。

1番は、このレストランから見える景色です!夕方に行くと、食事をしながら夕日を眺めることができます。セブ島で雰囲気の良いレストランを聞かれたら、ここをよく紹介します。

Talisay店

さて、ランタウといえば、Mactan(マクタン)にあるCordova(コルドバ)店が有名です。

私はコルドバ店には何回か足を運びましたが、今回はじめてTalisay(タリサイ)店に行ってきました。

タリサイ店は元々、Tops(トップス)という丘の上にありました。その時の名前はBusay(ブサイ)店でした。現在はブサイ店はなくなっています。

最近、店舗を移動させ、今はこのタリサイ店が、海の近くにあります。SM Seaside(SMシーサイド)の近くにあります。

Talisay店の様子

まず、入口には大きな看板があるので、そんなに迷うことは少ないと思います。

レストランの前には、広い駐車場もあります。

レストランに入ると、魚が入った水槽やココナッツなどが置いてありました。

インスタ映え

インスタ映え用なのかわかりませんが、ちょっとした撮影スポットがあったのでご紹介します。

レストランから入った正面すぐにはLantawとお店の名前が書かれたジプニーも飾られています。このジプニーはコルドバ店にはありません。

私の写真センスのなさで、なんかイマイチな写りですが。笑

このジプニーは、お店の正面すぐと、お店からサメのほうへ歩いた左側の2か所にあります。

サメ?と思われた方もいますよね?

ここにはサメもいますよ!日本人なら、このサメを見てユニバーサル・スタジオ・ジャパンを思い出す人も多いと思います。

このタリサイ店は、まだ出来たばかりのため、まだまだ造り途中という感じもありました。また、がれきの山や造り中?なところも多々あり、現在は残念な景観です。

まだ造り途中と思って、数年後に期待です!

おしゃれな席

席は、コルドバ店とほぼ同じ造りでした。

天井には小さなボートが飾られています。

テーブルの間には広いスペースがあり、周りを気にせずにゆっくりとお話しできます。

外の席もあり、こちらのほうが将来的には景観が良くなると思います。現在の景観は、土砂が見えてしまって景観はいまいちなので、あまりオススメしません。

子供も遊べる!

このタリサイ店には、子供が遊べる遊具がありました。

滑り台と、小さなお家が2つありました。

ゆっくり食事したい親御さんにも、遊びたい子供さんにも良いサービスですよね!

メニュー

タリサイ店のメニューは、コルドバ店と全く同じでした。

おすすめのメニューはこちらからどうぞ。

コルドバ店の店員さん曰く、Cordova Express(コルドバ・エクスプレス)というメニューは、コルドバ店でしか注文できないと言われました。

しかし、タリサイ店で注文したところ、普通に提供してくれました。こういうところがフィリピンぽいなー笑 と思いながら、美味しくいただきました。

コルドバ・エクスプレスは私の1番のお気に入りで、オススメです!ぜひランタウに来たら、ご賞味くださいね。

Talisay店の情報

タリサイ店の情報を記載します。

Lantaw Native Restaurant in Talisay

住所:Fishport South Road Properties, Talisay, Cebu
電話番号:(032) 512 7745
営業時間:月曜日~木曜日11:00~24:00 金曜日~日曜日

Talisay店への行き方

タリサイ店に行く場合も、ジプニーはおそらくないと思います。

タクシーの場合

行くには、タクシーまたはハバルハバル(バイクタクシー)で行けます。

目的地は、そのまま店名「ランタウ・タリサイ」と伝えれば、タクシードライバーならばわかってくれます。

料金はセブ市内から約200ペソです。

1番安い方法

タリサイ店までのジプニーがなく、タクシーだと渋滞の場合、料金が多く発生してしまいます。

さて、ここで1番安く行く方法をご紹介します。

まずは、SM City(SMシティ)まで行きます。そこからMy bus(マイバス)というバスに乗って、SM Seaside(SMシーサイド)まで行きます。このバスが25ペソで乗ることができます。

SMシーサイドからはタクシーまたはハバルハバル(バイクタクシー)で移動すれば、1番安くタリサイ店まで行くことが可能です!

さいごに

タリサイ店は、まだ造っている途中という雰囲気でした。

料理はコルドバ店と同じですし、写真が撮れるスポットや子供用の遊具もあって、楽しめるレストランだと思います。

ただし、景観が今は工事中で残念ながら良くなかったです。

料理だけでなく景観にもこだわりたい方はコルドバ店、料理と写真スポット、そして交通費を抑えたい方はタリサイ店がおすすめです!