エルニドの秘境Nagkalit-Kalit滝への行き方と道のり

フィリピン

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

ボラカイ島からパラワン島のエルニドに来ています。

たまたま地図で見つけたNagkalit-Kalit Water Fallsという滝に行ってきました!

日本人にはほとんど馴染みのない名前の滝ですが、ヨーロッパから来ている方々には、この滝も観光地として知られています。

今回は、この滝への行き方と険しい道のりをお伝えします。

滝への行き方

まず、滝の駐車場まで乗り物で行き、そこから歩いて滝まで行きます。

トライシクル

エルニド市内からトライシクルで行くことが出来ます。

リオビーチナクパンビーチの半分くらいの位置なので、約500~800ペソで行けると思います。

帰りにトライシクルを捕まえるのは難しいので、交渉して待っていてもらう必要があります。

バイク

バイクをレンタルして行く方法です。

私たちはバイクで行きました。バイクのレンタルは1日1台400ペソで、2人で1台をレンタルしました。

他のヨーロッパのお客さんも、バイクで来ていました。

バイクのレンタル方法と場所はこちらからどうぞ。

Nagkalit-Kalit

Nagkalit-Kalitは、パラワン島のエルニドにある滝です。

滝の駐車場から滝まで30分歩きます。また、山の中や川の中を歩いて渡るため、滝まで到達するのは険しい道のりです。

滝までは、地元の人が案内してくれます。

滝までの道のり

駐車場

まずは、バイクやトライシクルを駐車場に駐車します。

エルニド市内からバイクで北上していくと、Water Fallsの看板が3か所ほど見えてきます。

どこに駐車しても同じ滝に行くので、適当なところでバイクを駐車させてもらいます。

私たちは前日に会った2番目の駐車場のお母さんが不親切だったので、1番手前の親切なおじさんの駐車場に停めさせてもらいました。

駐車場では、まず名前と国籍などをノートに記入します。

ガイド料

駐車場のおじさんが、別の受付に案内してくれて、ここで滝までのガイド料を支払います。

滝までの道のりは、地元の人が案内してくれます。

ガイド料は1人250ペソです。

とても自力で行けるような道ではないので、支払って行くほうが賢明です。道なき道を歩きます。

今回私たちのガイドをしてくれたのは、ジュンジュンというフィリピン人の男の子でした。確か25歳!

出発すると、いきなり細い橋を渡ります。

ジュンジュンが、英語で色々と説明しながら進みます。ちょっとフィリピン訛りの強い英語です。

入場料

少し民家のそばを歩いていくと、さらに受付(?)があります。

おばちゃんが受付していて、ここで入場料を支払います。

入場料は1人20ペソと、かなり安く入ることができます。

ここでもノートに名前と国籍を記入します。

サバイバル

さて、ここから約30分、ひたすら山と川を歩きます。

昨日会ったおばちゃんは、ジャングルを30分歩くと言っていました。山でも川でも歩ける靴と服装で行きましょう。

まずは、牛が通る道を歩きます。

それから、牛がいる広い道に出ます。牛は繋がれているので、何もしなければ襲ってくることはありません。

ここにはココナッツの木もあり、ジュンジュンが写真を撮ってくれました。

ジュンジュンが「ココナッツが頭に落ちてくることもあるから気をつけてねー」と言いながら写真を撮ってくれました。

周辺には牛のでっかい糞が落ちているので、頭も足元も気をつけないといけません。

ここは、あんまり写真を撮るスポットではないです。笑

途中で綺麗な川が見えたりします。

自然を楽しみながら、どんどん進みます。

さて、この道はほんの序盤です。この時は、私も写真を撮る余裕がありました。

出発して10分で、もう川に入ります。

ジュンジュンは、70ペソのビーチサンダルで川でも進んでいきます。

石が滑るので気をつけてくださいね!

こんな道、ガイドがいなければ絶対にわからない道です。(というか道ではないですね。笑)

川からあがると、今度は山に入りました。

地面はボッコボコで、ところどころ木の幹が出ていたりして、つまずきそうで危ないです。全く整備はされていません。

この山を抜けると、また川、そして山、川、と続きます。

川を5回は渡りました。

ジャングルを進み、もう会話をする気力もなくなっていきます。

ジュンジュンは慣れているので、川でヘビやカメを見つけては、私たちに教えてくれます。

川と山でサバイバルすること約40分!

ようやくNagkalit-Kalit滝に到着しました!!!

期待していたよりは小さいですが、とにかくこの道のりから到着した喜びは大きいです!

この滝は、泳ぐこともできます。水着や水に濡れても良い服で行くと良いですよ。

水が冷たくて、気持ちよかったです。

もう1つの滝

遊び終わって帰ろうとしたときに、ジュンジュンが「もう1つ滝があるけど行く?」と聞いてくれました。

結構ジャングル歩きで疲れていたので、距離と時間を聞くと5分くらいですぐだよ!とのことでした。

それならば行きたい!と言って、さらに崖を登った上にある滝へ行ってきました。

崖が急すぎて、写真なんて撮れる状況ではなかったです。

両手でロープを掴んで崖を登ります。

到着は確かに5分くらいで、行って良かったと思いました。

崖の上の滝のほうが、断然迫力があります!

ジュンジュンに、この滝の名前を聞いたのですが、名前は知らず、多分Nagkalit-Kalit滝(同じ名前)だそうです。笑

ここは、かなり厳しい崖だったので年配の方には勧めないそうです。皆さん、早めに行っておくことをオススメします!

帰りも来た道を戻るので、約30分かかります。

持ち物

Nagkalit-Kalit滝へ行く場合の持ち物をまとめておきます。

  • 飲み物
  • 水着
  • 山と川を歩ける靴・ビーチサンダル
  • 汚れても良い・動ける服
1時間以上歩くので、ご飯は食べてから行くのがおすすめですよ。

最北端のビューポイント

おまけです。

この後、エルニドの最北端のビューポイントに行ってきました。

エルニドの海や島を見渡せるポイントです。(ここから見えるのはダロコタン島です。)

目印などはないので見つけにくいのですが、滝からバイクで15分ほどなので、時間がある方はぜひ!

さいごに

なかなか険しい道のりのNagkalit-Kalit滝ですが、毎日観光客が訪れている観光名所です。

行きのサバイバル40分はキツかったですが、行って良かったと思える穴場な場所です。ただ、人生で1回行けば充分です。

ぜひエルニドに来た際は、行ってみてくださいね!