エルニドで穴場なLio Beach(リオビーチ)への行き方

フィリピン

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

ボラカイ島からエルニド(パラワン島)に来ています。

エルニドで1番人気のナクパンビーチに昨日行ったので、今日はエルニドのリオビーチという別のビーチへ行きました。この記事では、リオビーチへの行き方と情報をご紹介します。

リオビーチへの行き方

リオビーチへの行き方は、ナクパンビーチと同様、3通りです。

バン

リオビーチへ行く場合も、バンがあります。エルニド市内からリオビーチまで行くバンです。

約1時間毎にバンが出ています。

しかも、このバンはナクパンビーチのバンと違って、無料です!

フィリピンでは色々な物が値上げされているので、このバンも恐らく無料ではなくなると思います。とりあえず、2019年9月現在は無料でした。

トライシクル

トライシクルでも行くことができます。

料金はナクパンビーチよりも近いので、安いです。

バンが無料なのでトライシクルはおすすめしませんが、トライシクルのメリットは他のビーチや滝にも行けることです。

バイク

バイクをレンタルして自力で行くことも可能です。

リオビーチにも、バイクの駐車場があります。また、ナクパンビーチよりも道が整備されているので、走りやすいです。

近くのレンタルバイクで値段をきいたところ、1台400ペソでした。

エルニドのバイクのレンタル方法は、こちらから。

リオビーチへの道のり

エルニド市内から、エルニド空港の方向へ北上します。道路はほぼ1本道なので、ほとんど迷うことはありません。

道路は田舎道で、結構走りやすいです。

ちょこちょこカーブはあるので、そこだけスピードを出し過ぎないように気をつけてくださいね!

リオビーチへの入口

リオビーチは、エルニド市内からメイン道路を北上し、途中で左の道に曲がります。

ナクパンビーチ同様、この目印がわかりにくくて見落とします。

道が少しボコボコしていますが、看板の通りに進みます。

前日の天候が悪いと、泥道もあるので気をつけて走行してください。泥が結構跳ねるので、バイクで行く方は、汚れても良い服で行くほうが良いですよ。

リオビーチ

エルニド空港の近くにあり、最近整備されてきているビーチです。

ビーチからは、エルニド空港を行きかう飛行機を近くに見ることができます!(私のインスタグラム@fujinakahitomiにムービーを載せてあります。)

2019年現在は、入場料も無料でした!!!

リオビーチは、ナクパンビーチに比べると観光客は少なく、のんびりできるビーチです。

ビーチにあるイスは無料で使用できます。

エルニドのビーチの中では、コストパフォーマンス最高のビーチだと思います。

駐車場

リオビーチの駐車場は、ナクパンビーチの駐車場よりも整備されていてキレイでした。

駐車場代も無料です!

エルニド市内からリオビーチまでの道のりは、バイクで約15分でした。

リオビーチには長い橋があります。

ここから奥の島や、飛行機を眺めることが出来ます。

写真を撮るのにも良いスポットでした。

カフェ

リオビーチには、新しいカフェも数店舗ありました。

 

インスタ映え

フィリピンには、多くのインスタ映えスポットがあります。

ここもインスタ映えするように作られたのかな?といったかんじです。

まずはブランコ!

ここのブランコは、大人のほうが使用率高めです。

他にもアスレチックがありました。

このアスレチックはガチなのか、映えスポットなのかわかりませんが。笑

それから、Lioのモニュメント!

私はこういう写真上手く撮れないのですが、リオビーチに来たら、ここはぜひ撮っておきたいところです。

他にも色々ありました。

さいごに

リオビーチは、バン、トライシクル、バイクの3つの行き方があります。

私たちは滝に行きたかったので、バイクをレンタルしましたが、リオビーチに行く場合は無料のバンに乗るのがおすすめです。

リオビーチは、シャトルバス(バン)やビーチへの入場料も無料です。エルニドの中では1番コストパフォーマンスが良いビーチだと思います。

また、まだ観光客も多くないので、ゆっくりできる穴場なビーチですよ。

この記事が少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。参考になった方は、ぜひシェアをお願いします。