セブから日帰りで行けるオススメ観光スポット28ヶ所

フィリピン

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

セブ島の語学学校でインターンシップをしていました。

スタッフとして生徒さんに学校やセブ島のことを説明するので、オススメの観光地をよく聞かれます。

語学学校は土日祝休みなので、3連休で行ける場所や、日帰りで行ける場所など色々なパターンで質問を受けました。

そこで、この記事ではセブ市内から日帰りで行ける観光スポットをまとめました。

いつも説明するときに色々と忘れてしまうので、この記事は自分自身と生徒さんのために書いています。また、この記事が旅行や語学留学などでセブ島に来た方の参考になれば嬉しいです。

セブ島市内

まずは、セブシティからタクシーやジプニーを使って簡単に行ける観光地をご紹介します。

日帰りで観光したい方にオススメしている観光地です。

サントニーニョ・チャーチ

Saint Nino Church(サントニーニョ・チャーチ)は、セブ市内にある有名な教会です。

教会の中に入る時は、足を出していてはいけないそうです。スカートやショートパンツなどを履いている方は、中で足に巻く布を貸し出ししているので、巻いてから中に入ります。

入場料:無料

バジリカ・ミノレ・デル・サント・ニーニョ

Basilica Minore del Santo Nino(バジリカ・ミノレ・デル・サント・ニーニョ)は、サントニーニョ教会の真後ろにあります。

こちらの教会は、中に入れないためあまり知られていないのですが、サント・ニーニョ教会よりも新しい教会です。

マゼラン・クロス

Magellan’s Cross(マゼラン・クロス)は、サントニーニョ教会を出てすぐにあります。

ガイドさんに教わった写真の撮り方ですが、パノラマで下から上に撮影すると十字架全体を撮影できるそうですよ。ぜひ試してみてくださいね。

入場料:無料 

フォート・サン・ペドロ(サンペドロ要塞)

Fort San Pedro(フォート・サン・ペドロ)も、サント・ニーニョ教会やマゼラン・クロスの徒歩圏内にあります。

私は1日で一緒に回るルートを生徒さんに伝えています。

入場料:50ペソ

コロン

コロンは観光地ではありませんが、私はよく買い物に行く地区です。

特に、以前の記事で紹介したコロネード138モールがオススメです。特に、服やカバン、アクセサリーが安いので女性にオススメです。

ただし、治安はあまり良くない地域なので気をつけてくださいね。治安情報はこちらの記事を参考にしてくださいね↓

カルボン・パブリック・マーケット

コロン地区にある有名なCarbon Public Market(カルボン・パブリック・マーケット)は、野菜や果物がかなり安く売っている市場です。

ローカルな市場なので、セブの雰囲気を味わいたい方にオススメです。

ヤップ・サンディエゴ・アンセストラル・ハウス

Yap Sandiego Ancestral House(ヤップ・サンディエゴ・アンセストラル・ハウス)は、セブ島で最古の家です。

ここは観光客にはあまり知られていない場所ですが、フィリピン人の友人が連れて行ってくれました。

先祖はフィリピン人ではなく、中国人だそうです。

こちらもマゼラン・クロスなどの観光地とも近いので、合わせて見に行くことができますよ。

入場料:50ペソ

ヘリテイジ・オブ・セブ・モニュメント

Heritage Of Cebu Monument(ヘリテイジ・オブ・セブ・モニュメント)は、セブの記念碑です。

こちらはサンディエゴ・アンセストラル・ハウスのすぐ近くにあるので、合わせて行くのがオススメですよ。

入場料:無料

フエンテ・オスメニア

Fuente Osmena(フエンテ・オスメニア)には、道路の真ん中に噴水があります。

道路なので立ち止まることは難しい場所ですが、タクシーから見て写真を撮ることは出来ますよ。

セブITパーク

Cebu IT Park(セブITパーク)は、セブ島では有名な場所です。セブ市内の中心地にあり、ビジネス街の中にある広場です。

ITパークには多くのレストランやバーがあり、充実しています。曜日によっては、ナイトマーケットも開催していますよ。

タオイスト・テンプル(道教寺院)

フィリピンにある、中国様式のTaoist Temple(タオイスト・テンプル)です。

ここではちょっとした占いも出来るので、おもしろいですよ。占いの方法はこちらの記事でご紹介しています↓

シラオガーデン

最近、インスタ映えスポットととして人気なのがSirao garden(シラオガーデン)です。

シティから少し遠いですが、日帰りで行ける距離です。

シラオガーデンは人気も上がるにつれて値段も少しづつ上げているので、早めに行くのがおすすめです!

入場料:60ペソ ※2019年8月時点

トップス・ヒル

通称トップスと呼ばれるヒル(丘)からは、セブ市内を一望することが出来ます。

セブのデートスポットとしても人気です。

トップスへ行くジプニーがないため、タクシーかバイク(バイタク)でしか行くことができません。

日中の景色も綺麗ですが、夕日と夜景が綺麗に見られる場所なので、夕方から夜にかけて行くのがオススメです!

入場料:無料

テンプル・オブ・レア

Temple Of Leah(テンプル・オブ・レア)は、新しくできた寺院です。

トップス・ヒルの近くにあるので、こちらも合わせて行くのがオススメですよ。

入場料:70ペソ

セブ島・南

セブシティからは少し遠いですが、バスで日帰りで行けるセブ島の観光地をご紹介します。

日帰りも宿泊も可能な観光地です。

モアルボアル

Moalboal(モアルボアル)は、セブシティから南へバスで2~3時間向かったところにある地域です。

海が綺麗で、ダイバーに人気の有名なダイビングスポットです。ダイビングだけでなく、シュノーケリングも楽しめます。

シュノーケリングでも、カメに遭遇する確率が高く、セブ島の中ではオススメの泳げるスポットです。

カワサンの滝

Kawasan Falls(カワサン・フォールス)は、セブ島で1番有名な滝です。

水が綺麗で、滝の下で泳ぐことができます。

以前は板で滝の裏側へ行くツアーがありましたが、2019年現在は終了していました。ライフジャケットをレンタルすれば、滝の裏側まで泳ぐことができます。

その他にも、キャニオリングや飛び込みなどのアクティビティができますよ。

ツマログの滝

Tumalog Falls(ツマログ・フォールス)は、数年前までは水が綺麗で、滝の下で泳ぐことができました。

現在は残念ながら、水が少なくなり、また観光客が増えたために水質汚染も進んでしまいました。

オスロブ

ジンベイザメと一緒に泳げると人気のOslob(オスロブ)は、セブ島の1番南に位置しています。

セブ市内からバスで6時間かかりますが、実は日帰りでも行けます!ただし、早朝に出発しないと、チケットが売り切れてしまうので気をつけてくださいね。※2019年からチケット制になりました。

オスロブのジンベイザメは、ツアーで行くのがオススメですよ!海外ツアーサイトのタビナカVELTRAなどでジンベイザメのツアーを取り扱っています。

私もいつもツアーで行っていて、ジンベイザメの後にツマログの滝やカワサンの滝に行くプランなどもあります。


セブ島・北

セブ市内から南には、様々な観光地がありましたが、北側にも日本人におすすめの観光地があります。

イソイ・ホットスプリング

日本人の大好きな温泉です!フィリピンのセブ島にもEsoy Hot Spring(イソイ・ホットスプリング)という温泉があります。

フィリピンの温泉は日本とは違い、水着着用で入ります。温水プールのような感覚です。

また、この温泉には飛び込みなどのアクティビティができる場所もあります!日本とは全然違った温泉を、日帰りで楽しめますよ。

ただし、温泉に入る場合は事前予約が必要です。

マクタン島

セブ島と2つの橋で繋がっているマクタン島は、リゾート地で高級ホテルなども立ち並んでいます。

アイランドホッピングなどアクティビティも多い島です。



ハドサン・ビーチ

Hadsan Beach(ハドサン・ビーチ)は、以前のブログでも紹介した安く泳げる公共のビーチです。

地元のフィリピン人がほとんどで、あまり観光客には知られていない穴場のビーチです。

入場料:50ペソ

ラプ=ラプ・モニュメント

ラプ=ラプの像があり、周辺には地元のお土産屋さんも少しあります。

ここまでジプニーが走っているので、安く行くことができますよ。

オランゴ島

Olango Island(オランゴ・アイランド)は、セブ島から日帰りで行ける島です。

マクタン島から船が出ていて、マクタン島からオランゴ島までは約20分で到着します。

近くてキレイな島なので、日帰りで海に行きたい方や、島に行きたいという方には、いつもオススメしています。

ワイルドライフ・サンクチュアリー

 

サン・ヴィチェンテ・マリーン自然保護区

 

カモテス島

他の記事でもオススメしているCamotes Island(カモテス・アイランド)ですが、実は日帰りでも観光できます!

ただ、私のオススメは日帰りよりも1泊の滞在です。カモテス島は見どころが多くあるので、日帰りだと少し短いと思います。

カモテス島の観光地については、こちらで詳しく紹介しています。

1泊の滞在がオススメですが、セブ島からカモテス島へ日帰りで行く方も多いのでご紹介しておきます。

カモテス島への詳しい行き方はこちら↓

ボホール島

Bohol Island(ボホール・アイランド)は、セブ島から船で行ける観光地として以前から有名な島です。

観光地も多く、こちらも2日以上の滞在がオススメですが、日帰りでも行けるのでご紹介します。

チョコレート・ヒル

 

バタフライ・サンクチュアリー

 

ターシャ

 

さいごに

セブ島から日帰り・宿泊で行ける観光地をご紹介しました。

数年前よりも、セブ島内には観光地が増えています。しかし、料金もそれに伴って値上げしているところが多いため、早めに訪れるのがオススメです!