セブ島の船乗り場ピア1への行き方とフェリーターミナル内のショップ

フィリピン

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

フィリピンのセブ島で語学留学とインターンシップをしていました。

セブ島からはフィリピンの別の島へ、船で行くことが出来ます。私も語学学校の生徒さんたちと色々な島へ行ってきました。

その時に利用したピア1への行き方と、フェリーターミナル内の売店や様子についてご紹介します。船の時間は早朝出発も多いので、早朝でも開いているショップや料金も記載しておきます。

ピア1とは?

ピア1(Pier1)は、フィリピン・セブ島のフェリーターミナルです。

この記事では1番よく使われているピア1について紹介していますが、ここにはピア1~5までの建物があります。

Passenger Terminal1と書いてある建物がピア1です。

ピア1からはカモテス島やボホール島など、人気の島や観光地へ行く船が出ています。

ピア1への行き方

セブ島やマクタン島からピア1への行き方は、主にタクシーとジプニーの2通りがあります。

タクシー

まず1つ目は、タクシーで行く方法です。フィリピンのセブ島では、タクシーの移動が一般的です。

船の時間帯は朝6時出発など早い便ですが、朝5時でもセブ島のタクシーは動いています。また、早朝は渋滞もありません。

朝6時発のフェリーであれば、5時15分くらいにピア1到着で行けば大丈夫ですよ。

私の学校はアヤラモール近くで、ピア1まではタクシーで10分くらいでした。料金は渋滞のない時間帯で100ペソでした。

タクシードライバーに伝える際は、pier1(ピア・ワン)と言えば大丈夫です。

ピア1の駐車場まで入ると、駐車場代がかかるので、手前にあるセブンイレブンで止めてもらうといいですよ。セブンイレブンは朝5時でもオープンしていたので、ここで朝食や飲み物なども購入できます。

ジプニー

もう1つの行き方は、フィリピン人が多く利用するジプニーです。ジプニーは乗り合いバスで、フィリピンの中では1番安い乗り物です。

ジプニーも朝5時には動いていますよ。

ピア1まで直接行くジプニーはありませんが、近くのColon(コロン)やCalbon(カルボン)行きに乗れば、徒歩数分でピア1まで行くことができます。

ジプニーは7ペソでピア1まで行けるので、安く行きたい方にはおすすめです。

ただし、土地勘がないとジプニーは難しいかもしれません。また、ジプニー内ではスリが多発しているので気をつけてくださいね。

ピア1から行ける島

セブ島のピア1から行ける、フィリピンの島をご紹介します。

  • Camotes/カモテス諸島
  • Bohol/ボホール島
  • Tagbilaran/タグビララン島
  • Leyte/レイテ島

その他にも、ボホール島から船を乗り継いでドゥマゲテ島やシキホール島にも行くことができます。

ターミナル内の様子

まず、フェリーターミナルの建物に入る前に、チケットを確認されます。先にチケットを購入しましょう。

私がカモテス島へ行った時は、オーシャンジェット(Ocean Jet)のチケットをインターネットから事前予約しました。

また、チケットは印刷しておきましょう。

ターミナルフィーの支払い

チケットを見せてピア1に入ると、まずはTerminal Fee(ターミナルフィー)を支払う小窓が右側にあります。

看板はCLOSEDのままですが、開いています。こういうところがフィリピンらしいですね。

ターミナルフィーは1人25ペソです。この窓口で支払います。

窓口にも書かれていますが、おつりを受け取ったら必ず正しい金額かチェックしましょう!ちなみに、ここでの支払いは現金のみです。

支払い時にも乗船のチケットが必要なので、必ずチケットを印刷しておいてくださいね。

セキュリティゲート

ターミナルフィーを支払うと、次は荷物検査セキュリティゲートがあります。

男性は左へ、女性は右のゲートへ進みます。

ライターサバイバルナイフ(小さい物)は大丈夫でした。(正直、荷物検査をしている人が見当たらなくて、ちゃんと検査しているのか不明です。)

チェックイン

荷物検査が終わると、チェックインカウンターが左側にあります。ここで船のチケットを出して、座席番号の書いてある紙を張り付けてもらいます。

ここでは特にパスポート等の身分証は必要ありませんでしたが、念のためコピーか写真に撮っておくと良いですよ。

ショップ

ピア1は思っていたより大きくて、綺麗でした。そして、食べ物や飲み物を売っているショップも色々あります。

朝5時でもコンビニは開いていました。ここで食べ物飲み物を購入することができます。

地元の人たちも、ターミナルの1番奥のほうにあるコンビニを利用していました。

私はここで水を購入して、20Pでした。ちなみに自動販売機の同じ水は25Pなので、こちらのコンビニがおすすめです。

コンビニの端には、コーヒーの機械もあります。1杯10Pと安いですが、カップは小さいです。

その他にも、ハンバーガーを朝食として購入しました。

注文してから卵を焼いてくれるので時間は少しかかりますが、温かくて美味しかったです。なにより、ここのフィリピン人店員の2人ともフレンドリーでした。

朝5時に開いていたショップ

ピア1を早朝に利用する方のために、朝5時でもオープンしていたショップをご紹介します。

  • コンビニ(2件)
  • BurgerFactory(ハンバーガー)

コンビニには、パンやスナックなどの軽食や飲み物がありました。特に、船で食べられるようなスナック類の種類が多かったです。

それから、朝5時でもブラインドマッサージもやっていました。これはお店ではなく、座っている席に来てマッサージをしてくれます。

その他のショップ

その他にも、5時には閉まっていましたが、いくつかショップがあったのでご紹介します。

  • Rondee Wraps(ブリトー)
  • Siomai King(シューマイ)
  • HOTDOG(ホットドッグ)
  • tubo(ジューススタンド)
  • Island Souvenirs(フィリピンのお土産屋さん)

2階にもカフェがありましたが、朝5時は2階は全て閉まっている様子でした。

出発ゲート

チェックインの際に出発ゲートを伝えられるので、聞き逃さないようにしてくださいね。

私たちがカモテス島へ行った時は、Gate7から出発しました。

出発の10~15分前に船に搭乗できます。

出発は結構ぴったりだったので、乗り遅れないように気をつけてくださいね。

さいごに

セブ島のピア1についてご紹介しました。

このフェリーターミナルからは、人気のカモテス島やボホール島へ行くことができます。日本人の観光客も多く利用するため、ピア1への行き方や料金を記載しました。

セブ島にいる方やカモテス、ボホールへ行く方の参考になれば嬉しいです。