セブ・マクタンのタクシーの料金相場と乗り方・注意点

フィリピン

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

フィリピンのセブ島・マクタン島で語学留学とインターンシップをしていました。

最初は苦手だったセブのタクシーも、今では普通に乗れるようになりました。また、ぼったくりにも対処できるようになりました。

それは、セブ・マクタン島のタクシーの料金相場がわかってきたからです。

ぼったくりが多いフィリピンのタクシーですが、相場や乗り方がわかれば未然に防ぐこともできます。

この記事では、ぼったくりの被害者が減るようにセブ島とマクタン島でのタクシーの相場と乗り方、注意点を記載します。

料金はフィリピンペソ(P)で表示しています。

セブのタクシー

セブ・マクタンでは、タクシーで移動するのが一般的です。

フィリピンのタクシー料金は他の国と比べて安く、さらに他の乗り物(トライシクル・ジプニーなどフィリピンの乗り物)よりも安全とされています。

フィリピン人にとってはタクシー料金は高いのですが、日本人からするとタクシー料金はかなり安いです。

日本人の留学生や観光で来た方には、タクシーでの移動が速くて安全なのでおすすめです。

時々、チップを要求するドライバーもいますが、フィリピンではチップは不要です。

もし、優しくてフレンドリーなフィリピン人のサービスに満足したらチップをあげても良いですが、チップは50ペソくらいが相場です。

タクシーの乗り方と注意点

まずは、フィリピンのタクシーの乗り方と、乗る時の注意点をご紹介します。

タクシーの乗り方

道端でタクシーを捕まえる時は、日本と同様に手を挙げて止めます。

タクシーはとまってくれますが、ドアは開けてくれません。フィリピンのタクシーでは、自動ドアではないので自分でタクシーのドアを開けます

タクシーに乗り、行き先を伝えます。

もちろん、自動ドアではないので、乗ったらドアは自分で閉めます。

タクシーの注意点

タクシーに乗ったら、まずは料金メーターがあることを確認しましょう。

フィリピンのタクシーには料金メーターがないことがあります。この場合、結構な頻度でぼったくられます。

もし、料金メーターがなければトラブルの元になるので「メーターは?」と聞きましょう。メーターを隠している場合は、出してくれます。

もしもメーターを出してくれなければ、「他のタクシーに乗る」と言ってタクシーを降りましょう。

降りられなかった場合は、タクシーの番号(数字4桁)を控えて「会社に連絡する」と言いましょう。会社に連絡すると言うと、だいたい態度を改めます。タクシーの番号は、車体や窓に記載があります。

タクシーの窓は、開けないほうが良いですよ。

フィリピンでは、道路の真ん中で水やお菓子を売っている人が結構います。人が道路を歩いているのは結構普通です。

窓の外から荷物やスマホを盗られることもあるので、基本的に窓は開けないようにしましょう。

タクシーの料金設定

フィリピンのタクシーには2種類あり、それぞれ料金設定が異なります。

一般タクシー

まず、フィリピンの一般的なタクシーは白色です。

このタクシーは、初乗り40ペソで乗ることができます。

一般的なタクシーは、セブ島・マクタン島のあらゆる場所で走っています。セブ市内であれば、朝5時や夜中でもタクシーを拾うことができます。

フィリピンには深夜料金や割増料金はないので、どんな時間帯でも初乗りは40ペソです。料金は、1分間に2ペソずつ上がります。

空港タクシー

マクタン空港から出発・到着する、空港専用のタクシーです。

タクシーの色は黄色で、タクシーの横にはAirport Taxi(エアポート・タクシー)と書かれています。

こちらも普通のタクシーですが、注意してほしいのは初乗りが60ペソなので普通のタクシーより高いことです。

また、料金の上がり方も普通の白タクシーよりもかなり早いので高くなります。

料金は高いですが、ぼったくりではありません。

タクシー配車アプリ

タクシーに乗るのが不安な方、せっかくの旅行だからぼったくられたくないという方には、タクシー配車アプリ「Grab」を使うのがオススメです。

タクシー料金は少し高くなりますが、最初に料金が決められているので、安心してタクシーに乗ることができます。

料金の支払いは、アプリを通してのクレジットカード払いか、降りる前に現金で支払うことができます。

タクシーの相場

この記事で紹介するタクシー料金の相場は、一般的な白タクシーの料金です。

セブ市内の移動

留学や観光の方がよく行く場所としてAyalaモールSMシティモール間の料金相場は、60~100ペソです。

渋滞や時間帯によっても変動しますが、平均的には75ペソで、100ペソを超えることはあまりないです。

私がよく行くコロンまでは少し距離がありますが、Ayalaモールからコロン(138モール)までは約120ペソです。

白タクシー Grab
Ayalaモール⇔SMモール 60~100ペソ 70~120ペソ
SMモール⇔パークモール 50~100ペソ 70~110ペソ
Ayalaモール⇔コロン 100~128ペソ 147ペソ

マクタン市内の移動

空港からガイサノ・アイランドまでは、約100ペソで行くことができます。

マクタン・リゾート地区では観光客が多いため、残念ながらぼったくりも多いです。メーターを必ずチェックしましょう。

空港からリゾートエリアは約200ペソです。天候の影響や渋滞も多いため、300ペソかかることもあります。

マクタンとセブを移動

マクタン島とセブ島間の移動は、遠いため1番ぼったくりが多い区間です。

混雑する時間帯は断られることも多いです。また、渋滞があるとプラス100ペソなど料金を上乗せさせられることもあります。メーターで行った場合は、支払う必要はありません。

空港からセブ島のSMシティまではバスもあるので、渋滞する時間帯にはバスのほうがおすすめです。

空港からAyalaモールまでの料金相場は、約300ペソです。

ちなみに、友人は知らずに黄色の空港タクシーに乗ってしまい、同じ区間で500ペソを支払ってしまったそうです。

白タクシー Grab
空港⇔Ayalaモール 260~315ペソ 289~322ペソ
空港⇔SMモール 275~400ペソ 323~493ペソ

さいごに

フィリピンのタクシーは、優しいドライバーもいますが、残念ながらぼったくりも多いです。

料金相場を知っていれば、おかしな金額を言われても別の良心的なタクシーに乗りかえることができます。

セブ島・マクタン島で留学や旅行をする方の参考になれば嬉しいです。