セブ・マクタン空港【国内線】の空港内とレストラン

フィリピン

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

今回は、セブ島からボラカイ島とパラワン島のエルニドへ行ってきました!その時にセブ・マクタン空港の国内線を利用しました。

この記事では、セブ・マクタン空港の国内線の空港内の施設とレストランなどをご紹介します。

セブ・マクタン空港

Cebu・Mactan Airport(セブ・マクタン空港)は、2019年現在、国際線と国内線の2つがあります。

元々は1つの空港でしたが、2017年に新しく国際線空港が出来ました。古い空港が、現在は国内線として使用されています。

国際線の免税店などの記事はこちらからどうぞ。

国内線の空港のほうが古いですが、2019年現在は拡張工事などが行われており、レストランやエスカレーターなどが建設されている途中です。

国内線の場合は【Terminal1】になります。

航空会社によって空港への入口が異なるため、空港到着前に確認しておきましょう。

レストラン

2019年現在、国内線の外にはShakey’sと、フィリピンのファストフードのJollibeeがあります。

空港チェックイン

空港へ着くと、まず入り口でチケットを確認されます。必ず、紙か携帯でチケットを見せられるようにしておきましょう。

チケットの確認は、国内線でも国際線でも同様です。

セブ・マクタン空港では、チケットがない人は空港の建物内に入ることが出来ません。見送りの方は、ここまでしか入れません。

荷物検査

チェックインの前に、すぐに荷物検査がありました。

この時は、水などの液体は持っていても大丈夫です!

この時の荷物検査は、銃など危険物の検査だと思われます。

カウンターでチェックイン

1回目の荷物検査を終えると、ようやく普通にチェックインができます。

国内線のチェックインの際も、パスポートかIDが必要です。

国内線ですが、パスポートやIDを忘れずに持ってきてください!

チェックインが終わると、ゲートに向かいます。

ゲート番号はチケットに記載されているので、そのゲートに入ります。

荷物検査

2回目の荷物検査ですが、この検査が通常の荷物検査です。

ここで水のペットボトルなどを持っていると没収されます。

空港内にはウォーターサーバーがあるので、中身の液体だけ捨てれば水を汲むことができますよ!

空港内のお店

荷物検査が終われば、国内線の空港内で買い物や食べることが出来ます。

Islands Souvenirs

まず最初に目に入るのは、Islands Souvenirsというフィリピンでは結構有名はお土産屋さんです。

セブのTシャツなどが199ペソとお手頃価格で購入できる、人気のお店です。

PLAYGROUND

PLAYGROUND(プレイグラウンド)と書かれたショップでは、Nikeやadidas、OAKLEY、UNDER ARMOR、VANSといったスポーツブランドが販売されていました。

値段はフィリピンですが、あまり安くはないです。

WATCH REPUBLIC

色々なブランドの時計が販売されていました。

高級時計が多くて、なんだかフィリピンじゃないかんじです。

PLUG + PLAY

ヘッドフォンや充電器などの携帯アクセサリーが売られているショップです。

また、ネックピローやアイマスクなどのトラベルグッズもありました。

FIESTA

フィリピンのお菓子などが売られているお土産屋さんです。

ドライマンゴーやフィリピンのお菓子Otap(オタップ)、Polvoron(ポルボロン)、クッキー、チョコレートなどがありました。

お菓子だけでなく、フィリピンの伝統工芸品やアクセサリー、バッグなども販売されていました。

値段は空港内なので、安くはないです。

Kiddoland

子供用のおもちゃが売られているショップです。

WHSmith

コンビニは、ここです!

機内で必要な本や雑誌、お菓子、飲み物はここで購入できます。

AVIATOR

サングラスを販売しているショップです。

私が行った時には、お店の半分が品物がない状態でした。

このまま営業するのもフィリピンらしいと思います。ちなみに、片側半分はしっかり営業していました。

空港内のレストラン

国内線の空港内には、フードコートがありました。

Lolo Pinoy Lechon de Cebu

お店の前には、大きな豚が見えます!

セブの名物料理のレチョンを、ここでも食べることができますよ。

FILIPINO DELIGHTS

こちらもフィリピン料理のお店です。

イカリングやホタテ、アドボなどのフィリピン料理を食べられます。

空港内としては、このお店の価格は良心的だと思います。

フィリピンのビール、San Mighel Light(サンミゲルライト)もありますよ!

Taipei Tea

タピオカ(Bubble Tea)のお店です。

値段は145ペソ~と、ちょっと高めです。

NIPPON RAMEN

名前とメニューからして、オーナーは日本人ではないでしょうね。

ラーメン屋さんですが、お弁当も売っています。

THE BAKERY

名前の通りですが、パン屋さんとカフェです。

ドーナツは1つ20ペソと格安です。

朝10時まではパンケーキを注文後に焼いてくれます。

私はここで朝ご飯を購入しました。店員さんは親切で良かったのですが、次はドーナツもパンケーキも買わない!というのが本音です。笑

Jollibee

フードコートの向かい側には、フィリピンの代表的なファストフードJollibee(ジョリビー)があります。

ジョリビーは格安のファストフード店なのですが、空港内は値段が少しだけ高く設定されていました。

その他

その他、空港内にある設備をご紹介します。

ATM

空港内には、しっかりATMもあります。

ただ、両替所は見当たりませんでした。

自動販売機

水やジュースなどの自動販売機もありますよ。

もちろん料金は空港価格です。

ウォーターサーバー

空港内には水の入ったペットボトルは持ち込み出来ませんが、空のペットボトルは持ち込み出来ます!

ウォーターサーバーは、お手洗いの前の通路にあるので、水を汲むことが出来ますよ。

さいごに

セブ・マクタン空港の国内線も、かなり綺麗になっていました。

2019年現在もまだ建設中の場所があり、更に色々なお店が増えていくと思われます。

セブ島からマニラへの乗り継ぎや、他のフィリピンの島に行く際には、この記事を参考にしていただけたら嬉しいです。