フィリピン・ボラカイ島の基本情報

フィリピン

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

旅をしながらブログを書き、たまに海外で仕事をして生活しています。

今回は、フィリピンのボラカイ島に行ってきました。

ボラカイ島は日本人がほとんどいない島で、あまり情報がなかったのですが、行ってみたらとても良い島でした。

この記事では、ボラカイ島の基本情報と2019年の情報について記載しています。

ボラカイ島とは?

昔は世界一の島と投票されたこともある、海が綺麗な島です。

しかし、水質汚染などの問題により、島全体が6か月閉鎖されており、2018年の末にようやく再開しました。

2020年現在はかなり観光地化していて、活気のある島になりました。

日本人がほとんどいないボラカイ島ですが、韓国人や中国人には大人気の観光地です。特に、スキューバダイビングをしたいダイバーが多く訪れています。

私が訪れた時には、あまりにも韓国人と中国人が多いので、フィリピン人からは「アニョハセヨー」「ニーハオ」と声をかけられました。

位置

ビサヤ島(セブ島)の西側に位置し、マニラから南に350kmの距離です。

特徴

ボラカイ島は縦に7km、横1kmの狭い島です。

泳げる綺麗なビーチが多く、島内に13カ所のビーチがあります。

ボラカイ島のビーチ

ボラカイ島には、13ヵ所のビーチがあります。

  • White Beach
  • Bulabog Beach
  • Puka Shell Beach
  • Diniwid Beach
  • Ilig-Iligan Beach
  • Punta Bunga Beach
  • Balinghai Beach
  • Lagutan Beach
  • Tambisaan Beach
  • Manoc Manoc Beach
  • Cagban Beach
  • Tulubhan Beach
  • Lapus Lapus Beach

ボラカイ島のビーチ各所で、様々なマリンスポーツを楽しむことができます。

特に有名なのはWhite Beach(ホワイトビーチ)で、メインの観光地として大人気です。

ボラカイ島で出来ること

アイランドホッピングやヨットなど、海で出来るアクティビティがメインです。

東側のホワイトビーチでは波と風があるため、カイトサーフィンを楽しむ観光客も多いです。

夕方にはビーチからの夕日を眺めることができ、サンセットクルーズなども人気のツアーです。

モールやマーケットもあり、買い物もできます。

ホワイトビーチ

メインのエリアであるWhite Beach(ホワイトビーチ)は4kmあり、3つのステーション(Station1、Station2、Station3)に分かれています。

Station1

ホワイトビーチの北に位置するStation1は、ラグジュアリーホテルが立ち並ぶエリアです。

一般的なリゾートよりも、静かなエリアです。

Station2

レストラン、ショッピング、スパ、マッサージ、様々なエンターテインメントが多く立ち並ぶエリアです。

ホワイビーチのメインエリアで、バーやクラブも多く立ち並び、夜も賑わっています。

買い物のメインであるDモールはこのStation2にあります。その他にも、100以上の小さなショップ、レストランが立ち並びます。

Station3

ホワイトビーチの最後のセクションで、1番ローカルなエリアです。

ホワイトビーチの中では安いレストラン、ホテル、ダイビングショップ、小さなお店を見つけることが出来ます。

気候

ボラカイ島は、3つの季節に分かれています。

11月〜3月

気温は25〜32℃で日中は暖かく、夜は涼しくなります。風や雨も時々あります。

4月〜6月

気温は28〜38℃で暑い日が続き、基本的には乾燥しています。

日本では春ですが、ボラカイ島(フィリピン)の季節は既に夏です。

7月〜10月

気温は25〜32℃で南西から風が吹き、雨が降る時期です。また、湿気も多いです。

ちなみに私は9月の終わりに行きましたが、日中は晴れていたのに夕方からどしゃ降りの日が続きました。雨は夕方くらいから2~3時間降ってやむことが多いです。

観光オススメ時期

ピークシーズン

まず、祝日は少し金額が高くなります。

更にクリスマス、新年、チャイニーズニューイヤー、イースター(Holy week)はフライト、ホテルなどの費用が高くなります。

ピークシーズンは+10〜25%に値上がりします。また、ホテルなどは満室の可能性も高いです。

安い時期

雨の時期は安くなります。

特に、10月末が安い時期で、アコモデーションやサービスを通常よりも安い価格で受けることが出来ます。

さいごに

ボラカイ島は水質汚染の為、閉鎖されていましたが、2020年現在は復旧して明るい観光地になりました。

ボラカイ島では、スキューバダイビングやカイトサーフィンなどのマリンスポーツを安く楽しむことができます。

その他にも、アイランドホッピングやショッピングも格安で楽しむことが出来るため、女性にもおすすめの観光地です。

フィリピンというと、治安を懸念する人も多い国ですが、ボラカイ島は観光地のため治安も良く、夜中でも歩けるほどでした。

ぜひ多くの方がボラカイ島で楽しく観光や旅行をしてもらえたら嬉しいです。