青森の地元民オススメの観光地と東京からの行き方

日本

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

今回は、青森県に行ってきました! ※この記事は2020年に記載していますが、現地を訪れたのはかなり前になります!

青森は初めてだったので、現地の女の子に案内していただきました。青森県民のおすすめの観光地はどこでしょうか?

この記事では、東京から青森県へ行く方法と料金、現地のおすすめ観光地を紹介しています。

時間と料金

東京から青森(新青森駅まで)は、新幹線で約3時間半、バスだとです。新幹線の料金は指定席で17,670円です。

ちなみに駅探で探すと、新幹線でもお得なチケットがあったりするので、一度探してみるのもおすすめですよ。

格安!新幹線の旅!

私は今回、東京駅から夜行バスで青森まで行きました。料金は平日だったので3,900円と安かったです。

22:20東京駅発で、青森駅に着くのが翌日の9:35でした。時間が長いので、夜行バスですが結構ゆっくり寝て、すぐに観光に出発できました。

高速バスは、よくオリオンバスを使っています。車内にコンセントがあることと、3列シートのバスもあるので広くてゆっくり寝ることができます。東京から青森は結構長いので、3列シートは快適でおすすめですよ。

格安!高速バス!

青森観光

朝9:30頃に青森駅前に到着しました。

バスは特に遅れることもなく、少し早いくらいで到着しました。

青森駅周辺

まず、バスで到着してから青森駅周辺をブラブラしました。

青森ラブリッジ

駅から歩いてすぐ、橋が見えてきます。看板に「青森ラブリッジ」と書いてありました。

船も泊まっていて、橋の雰囲気もいいかんじでした。

この橋の下には歩道があって、まだ新しいかんじでキレイでした。この歩道は自転車走行禁止のようなので、自転車を借りて観光する方は、降りて観光してくださいね。

「ラブリッジ」という名前だけあって、地元のデートスポットなのかな?ベンチとか、ちょっとしたアートとかがあって、天気が良ければゆっくりとお散歩できそうです。

 

ブラブラしていたら、名古屋から来たという方がいて少しおしゃべり。何度も青森に来ているそうで、青森いいところなんだなーと観光が楽しみになりました。

そして、青森在住の女の子に車を出してもらって、観光スタート!実は、この日初めてお会いしました。この日、地元青森を案内していただけるということで、ガイドをお願いしました。しかも車まで出していただいて、ありがとうございます!

青森のコンビニ

まずは、朝ごはんを購入したいということで、コンビニへ行きました。

青森のコンビニの入り口は、他の県(関東とか関西とか)とは違いました!やっぱり雪が入らないように、ドアが二重になっています。こんな小さなことでも他の県とは違うので、感動してしまいました。

青森県民にとっては普通のようでしたが、私はコンビニの入り口でさえ写真を撮っていて、その行動のほうが不思議がられてしまいました。笑

それから、コンビニに売っている商品も少し違いました。

私は青森名物の「イギリストースト」を発見してテンション上がり、購入しました。

青森について調べていた時に、このイギリストーストを発見し、食べておきたいと思っていて即購入しました。コンビニだと120円です。

味は正直なところ普通の食パンにマーガリン塗った味でしたが、まずは青森名物を堪能したことに満足です。

鶴の舞橋

写真を見て行ってみたかった、「鶴の舞橋」へ連れて行ってもらいました。

橋は全長300mで、三連太鼓橋の中では日本一長い木の橋だそうです。橋からは、湖とその湖に移る橋と山を望むことができ、美しい風景を見ることができます。

写真家の中でも、綺麗な風景の写真が撮れるので人気のスポットです。

少し曇っていたので残念でしたが、晴れていたら絶対にキレイな景色です!曇っていても、遠くの山が見えていて、橋とマッチしていて良い雰囲気でした。

夜は蛍をイメージしたライトアップがあるそうです。今回は夜のライトアップまで見ることが出来なかったので、鶴の舞橋は晴れた日にもう1度来たいなーと思います。

お土産屋さんもありますよ。

Information
住所:〒038-3542 青森県北津軽郡鶴田町大字廻堰大沢
料金:無料/駐車場無料

ランチ

ランチは、青森ガイドさんがお店の予約をしてくれていました!本当にありがとうございます!

地元の方のおすすめに行けて、本当に幸せです。連れて行っていただいたのは、「東家(あずまや)」という和食屋さんでした。

お昼少し前でしたが、すでに地元のお母さんやサラリーマンの方がいました。

とても素敵な和食屋さんで、青森の海鮮丼を注文しました。やっぱり海の幸がオススメと言われ、海鮮丼にしましたが、本当に美味しいです!

Information
住所:弘前市城東北3丁目1-12
電話:0172-27-0333
時間:昼/11:00~14:30 夜/17:00~22:00

弘前城

続いても私のリクエストで「弘前城」に連れて行ってもらいました。

スターバックス弘前公園前店

駐車場に車を止めると、すぐスタバがあります。このスタバ、なんかおしゃれ!!!と思ったら「日本で2店舗目となる登録有形文化財の店舗」だそうです。

1917年に陸軍師団長の官舎として建設された木造の建物で、和洋折衷のデザインが特徴的です。

建物そのものの意匠を大切にし、地域の素材や伝統工芸をアレンジしながらデザインに取り入れることで、建物と弘前の歴史に敬意を払いながらスターバックスのコーヒーネスを表現しています。

Starbucks 弘前公園前店HPより引用

外観だけでなく、店内もおしゃれです。雰囲気に釣られてついつい、おしゃれなドリンクを注文しちゃいました。

Information
住所:〒036-8207 青森県 弘前市 上白銀町1-1
電話:0172-39-4051
時間:7:00~21:00

スタバを購入して、弘前城へ向かいました。

まずは赤い「杉の大橋」を渡ります。元々は、杉の木を橋の材料として使用されていたので、この名前が付いたそうです。

橋を渡って歩いていくと、広場があります。ここで青森ガイド様が、オシャレなスポットを教えてくれました。

地面にハートの印があり、そこから上を見上げると、木がハートの形になっていました。1人で来ていたら絶対にスルーしてしまうポイントでした。ガイド様ありがとうございます!

弘前城を調べていた時には出てこなかった情報で、さすが地元民に感謝です。

私の写真ではハート崩れていますが、地面のハートが書かれている場所で撮影すれば綺麗な形が見えますよ。

 

お城(天守閣)自体は小さいですが、公園とお城からの景色がキレイでした。春は桜がキレイに見られるスポットとしても知られています。

Information
住所:〒036-8356 青森県弘前市大字下白銀町1
電話:0172-33-8739
料金:300円(入場料)

七滝

続いて、七滝へ。

七滝は、「日本の滝100選」にも選定されている滝です。

実は、私この時に知ったのですが、七滝は秋田県でした。滝の向かい側に道の駅があり、そこに秋田と書いてありました。(秋田犬の旗で知りました。)

滝が好きな私には、ここ七滝は最高でした。曇っていたのが残念でしたが、落差60mの迫力があって綺麗でした。滝の段が7段あるので、七滝と呼ばれているそうです。

ここも晴れた日にまた来たい~!

七滝は、十和田湖へ行く途中にあるので、十和田湖へ行く方は寄ることをおすすめします!本当に綺麗でした。

十和田湖

最後に「十和田湖」へ連れて行っていただきました。

その前に、十和田湖の手前のごはん屋さんで秋田名物きりたんぽをいただきました。

そこから十和田神社のほうへ歩いて進みます。道が出来ているので、こっちでいいのかな?と不安になりながらも進んでみました。

すると、十和田湖が見えてきました。

不安な方は、マップで「乙女の像」と検索したら十和田湖の方向がわかりますよ。

奥入瀬川

帰る途中、「奥入瀬川」という川を通りました。

この周辺に、小さな滝がたっくさんありました!名前はわかりませんが、滝好きには穴場なポイントだと思います。

少しゆっくり走行して、滝を探してみてくださいね。

さいごに

青森観光は、地元民ガイド様のお陰で本当に楽しめました。ありがとうございました!

初めて青森県を訪れましたが、とっても穏やかで自然がたくさんあって、良いところでした。風景も綺麗で、普通に写真を撮影しても綺麗ですし、インスタ映えするようなスポットも結構ありました。

天候が悪かったのが残念なので、青森はまた行きたいところです。

ガイド様本当に案内していただき、感謝します。ありがとうございました。また青森を訪れた際に、お会いしましょう。