トロントからナイアガラの滝まで1番安く行く方法

カナダ

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

カナダのトロントで、ワーキングホリデーをしていました。

トロントで有名な観光地といえば、ナイアガラの滝ですよね。

しかし、トロントからナイアガラの滝までは、車で2時間ほどの距離があり、すぐに行ける観光地というわけではありません。

それでも、私は1年のワーキングホリデーで3回ナイアガラの滝へ行きました。本物を見ると、スケールの大きさに感動します。

今回は、私が3回ナイアガラの滝へ行った中で、ナイアガラの滝まで1番安く行くことができた方法をご紹介します。

ナイアガラの滝へ行く手段

トロントからナイアガラの滝へ行く手段は、車、電車、バスの3つの方法があります。

車・レンタカー

車は地元の友達がいれば、乗せてもらえることもあり、タダですよね。私の1回目は、カナダ人に乗せてもらいました。

しかし、なかなか都合良く乗せてもらえるとも限りません。

トロントに住んでいるカナダ人も、毎回のようにナイアガラの滝に行きたいと言われ、行き飽きているという人もいました。

レンタカーを借りて行く場合、レンタカー代、ガソリン代、ナイアガラの滝での駐車場代が必要です。

乗車人数が多ければ、人数で割って、安く行くことができます。

また、レンタカーであれば、ナイアガラの滝付近にあるアウトレットモールに自由に寄ることもできます。

電車

電車の場合、Via rail(ヴィアレール)という鉄道を使って、ナイアガラの滝まで行くことが出来ます。しかし、この電車は1日に1本しか本数がありません。

バス

バスの場合、ナイアガラの滝までは、グレイハウンド(Greyhound)という会社のバスが出ています。

トロント市内からはもちろん、トロントピアソン空港からも乗車できるため便利です。

私が2回目に行ったときは、グレイハウンドを利用しました。しかし、グレイハウンドの降車場所は、ナイアガラの滝とは少し遠く、そこからバスかタクシーを利用しなければいけませんでした。

各手段の料金比較

ナイアガラの滝へ行く3つの手段の、料金を比較してみます。

料金はすべてカナダドル(CAD)で計算、表示しています。

レンタカー

トロントからナイアガラの滝までは、日帰りで行くことが可能です。日本人は、国際免許証があれば、カナダのレンタカーで運転することが可能です。

以下は、私が調べた時の費用です。条件は5人乗り、1番安い車種、オプションなしです。

平日 休日
レンタカー代 25ドル 35ドル
ガソリン代 50ドル 50ドル
駐車場代(ナイアガラの滝) 20ドル 20ドル
合計 95ドル 105ドル

乗車最大の人数で費用を割った場合、平日19ドル/1人、休日21ドル/1人です。

保険は任意のため、この計算には含んでいません。

電車(Go Train)

この行き方は一度も試したことがありませんが、1日1本しか本数がないですし、料金も高いので私はおすすめしません。

バス(Greyhound)

私がグレイハウンドを予約したときは、平日(水曜日)で往復28ドルでした。

平日は、往復だいたい30ドルで予約できます。しかし、土日や祝日には60ドルを超えることもあります。

予約の時期や、乗車の時間帯によって金額に差があります。

グレイハウンドの降車場所は、ナイアガラの滝ではなく、グレイハウンドのターミナルなので、注意してください。

各手段の料金比較表

料金は1人あたりの金額です。

平日 休日
レンタカー 19ドル  21ドル
電車(Go Train)
バス(Gray Hound) 30ドル 60ドル

1番安く行く方法

さて、それでは車、電車、バスの中で1番安くナイアガラの滝まで行く方法はどれだと思いますか?

人数が4~5人であれば、レンタカーが良いでしょう。また、休日よりも平日のほうが安く行くことができます。

しかし、平日は学校や仕事だったり、友達と予定が合わないこともありますよね。

実は、もう一つ安く行ける方法があります。

カジノシャトルを利用しよう

トロントに住んでいると、Safe Way(セーフウェイ)と書いてある赤色のバスを見ることがあります。

特にトロント市内のチャイナタウン(Chaina Town)や、北にあるパシフィックモール(Pacific mall)付近で頻繁に見られます。

このバスは、カジノシャトルで、トロント市内からナイアガラの滝のカジノまで行き来しています。

このカジノシャトルを使えば、トロントからナイアガラの滝まで安く行くことができます。

もちろん、このバスはカジノ行きなのですが、カジノを利用しなくても乗車可能です。

また、カジノからナイアガラの滝までは、徒歩10分ほどで行くことができます。

他のサイト等で、カジノシャトルは無料と紹介されていますが、2019年現在は料金が変更されています。

乗車場所と乗車時刻

乗車できる場所は、いくつかあります。

トロント市内に住んでいる人は、チャイナタウンBroadView(ブロードビュー駅)Pape(ぺイプ駅)などが便利です。

私はKennedy(ケネディ)という地域に住んでいたので、スカボロータウンセンター(Scarborough Town Center)パシフィックモール(Pacific Mall)を利用していました。

このバスは予約制ではなく、行きたい時刻と場所をチェックして、バスを待つだけです。

平日と休日では時間が異なるので、間違えないように注意してください。

また、乗車場所がわかりにくい所もあります。

バスは、概ね正確な時間で来るので、早めに到着して場所を確認しておくことをオススメします。

時刻は変更される場合もあるそうです。

乗り方

まず、乗車の際にカジノカードパスポートを提示します。

さて、ここでカジノカードを持っていない人もいますよね?それでも乗車は可能です。

ただし、カードを持っていない場合は、30ドルの運賃がかかります。

バスはナイアガラの滝のカジノまで直接向かうので、ここでカジノのカードを作りましょう。

カードを作るのは無料です。

また、カジノで遊ばなければいけないわけでもありません。作らないという選択肢もありますが、これを作っておけば帰りは無料で乗車出来ます。

また、次回からは往復10ドルで乗車出来ます。遊ばなくても作っておいたほうが便利ですよ。

運賃は、途中で集めに来ます。また、支払いはカードが使えず、現金のみなので用意しておきましょう。

料金表

表の料金は、往復の金額です。

カジノカードなし 30ドル
カジノカード(PAC) 10ドル
プレミアム・プラチナ・ゴールド Free

カジノのお得意様、プレミアムカード・プラチナカード・ゴールドカードを持っている方は、タダで乗車出来ます。

帰りの乗車

帰りは、降りた時に渡される紙が必要です。捨てたり無くしたりしないように、注意しましょう。

万が一無くしてしまっても、カジノカードに乗車の記録が残っています。フロントに伝えれば、親切に乗せてくれますよ。

さいごに

ナイアガラの滝は、カナダに来たらぜひ行くべき観光地です。また、季節や天気によって、見え方が違います。何度行っても素敵なところです。

親が来たり、友達が遊びに来たりすると、必ずといっていいほど毎回ナイアガラの滝に行かなければいけません。そのため、私は3回も行くことになりました。

いつまた行かなければいけないか分かりません。念のために、ナイアガラの滝まで行くのならば、カジノカードは作っておくことをオススメします。

また、ナイアガラの滝からアメリカ側へ入国することも可能です。アメリカ側からのナイアガラの滝は見え方が全然違うので、一度入国するのがオススメですよ!

この記事が少しでもお役に立った方は、ぜひシェアをお願いします。