カナダの安くて質がいいスーパーとおすすめ10店

カナダ

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

カナダのトロントで約1年間、ワーキングホリデーをしていました。

ワーキングホリデーの場合、シェアハウスで生活し、食事は自炊をするのが一般的です。私も現地のスーパーで買い物をして、料理をして食費を節約していました。

この記事では、カナダに住んでいた時に現地の人から教えてもらったスーパーマーケットと、私が利用していた安くてオススメのスーパーをご紹介します。

24時間営業のスーパー、フードコートのあるスーパーなどもご紹介します。

カナダのスーパー

私がカナダに住んでいる時に、同僚や先輩など現地に住んでいる方から教えてもらったスーパーマーケットをご紹介します。

利用していたスーパーの基準は、安くて質の良いスーパーです。

No Frills

No Frills(ノーフリルズ)は、カナダで1番有名なスーパーマーケットと言えます。

とにかく安くて品揃えも良いので、多くの人が利用しているスーパーです。

黄色の建物と看板で目立つので、現地で知らない人はいないくらい有名です。日本人の中では、ノーフリと略されて呼ばれることもあります。

No nameという自社ブランドを持っているので、価格が安いです。そして品質も悪くないです。

駅やバス停の近くなどにあり、立地も良い場所にあるので、どこに住んでいても1番利用しやすいスーパーです。

食品だけでなく、食器や食器用洗剤、トイレットペーパーなどの日用品も安く購入することができます。

Walmart

Walmart(ウォルマート)は、アメリカの大手企業です。青色のマークで、こちらも自社ブランドがあります。

食品のみでなく、電化製品や文房具、衣類、薬、おもちゃなど、生活用品も購入できます。

価格は先ほどのNo Frillsと同じくらいで、安くて質も悪くありません。

No Frillsと比較すると、カナダには店舗数が少なく、立地が少し不便な店舗もあります。しかし、No Frillsよりも店舗が広く、品数もかなり多いです。

家族連れの利用者が多く、大量買いしたい時にはWalmartがオススメです。

Food Basic

現地の主婦の方からオススメしてもらったスーパーです。

Food Basic(フードベーシック)の値段は、No Frillsと比較すると少し高いのですが、野菜などの質はNo Frillsよりも断然良いです。食品の質にこだわりたい主婦の方には、Food Basicのほうが人気です。

基本的にはNo Frillsのほうが安いですが、Food Basicでは卵や肉、乳製品などが安くなる時があります。夕方に行くと、肉が安いときもありましたよ。

Food Basicも現地の人から人気で、セールなども頻繁にあります。店舗にもよりますが、日本人の利用者は少ないです。

T&T大統華超級市場

名前を見た通り、中国系のスーパーです。日本食やアジアの食材などを、豊富に取り扱っています。

カナダ人は当然この漢字が読めないので、T&T Supermarket(ティーアンドティー・スーパーマーケット)あるいは、T&Tと省略して呼んでいます。

値段はアジアからの輸入品なので、少し高いです。

日本食品や日本の調味料なども取り扱っているため、日本の物を購入したい時はT&Tがおすすめです。

店員が中国人なので、レジのスタッフでも英語が話せない人も結構います。

Al Premium

Al Premiumも、中国系のスーパーマーケットです。T&Tと同様、アジアの食品を購入できます。品揃えも、T&Tと同様に豊富です。

私はT&Tよりも、Al Premiumのほうをよく利用しました。

値段はT&Tとそんなに変わらないのですが、セール品が多くあります。時間帯によっては、パンが半額以下で販売されていました。

私はクロワッサンを8個2ドルで購入しました。クロワッサンは普通の大きさで、カナダではかなり安いと思います。味も普通に美味しかったのでオススメですよ。

鼎泰超級市場

こちらも漢字を見ればわかる通り、中国のスーパーです。

英語では、Lone Tai Supermarketと表記されます。中国人に読み方を聞いたのですが、中国語の発音だったので正しい読み方(日本語表記)がわかりませんでした。

品揃えは少ないですが、野菜がとにかく安いです。ただし、質にこだわる方にはオススメしませんが、値段はどこよりも安いです。

中国スーパーですが、中国人はここでは野菜を買わないそうです。確かに見ていると、ここで購入している人はヨーロッパ系が多いです。安いけれど、何か安い理由があるのでしょう。

念のため、私の友人はここで商品を買って食べていましたが、今のところ何の問題もないそうですよ。

Adonis

私の1番お気に入りのスーパー、Adonis(アドニス)です。

カナダ人の友人いわく、読み方は英語ではないそうで、フランス語読みだとアドニスだそうです。販売されている商品の感じから、ギリシャのような気もします。

私はここで日本人に会ったことはなく、お客さんはインド、フィリピン、ギリシャ、中東系が多いです。

日本食は滅多に売っておらず、ギリシャや中東の食べ物が多いような気がします。ここでよく買うのはパスタで、タイミングによってはNo Frillsよりも安く購入できます。

野菜や肉がメインで、質が良く、値段も比較的安いです。肉の売り場では、多くの人が整理券を持って、順番待ちをしているくらい人気です。

私のお気に入りはピザで、1切れ1.99ドルで食べられます。しかも1切れが大きいです。

レジでお会計を済ませると、後ろには簡易的なフードコートスペースがあります。暖かいピザをその場で食べることができますよ。

現地の方は、買った魚を注文して焼いてもらったりもしていました。

Adonisの店員さんは、みんな親切なこともオススメの1つです。

Galleria

Galleria(ギャラリア)は、韓国系のスーパーです。

基本的に店員さんは韓国人で、お客さんは韓国人が多いです。日本人や中国人、台湾人などアジア人が利用しています。

韓国料理にネギをよく使うため、ネギがとにかく安かったです。韓国の焼肉(サムギョプサル)や、日本食でも使う薄切り肉は、このギャラリアで購入できます。

日本食も結構あり、日本のカップ麺やお菓子の種類が多いです。

H-Mart

H-Mart(エイチマート)も、韓国のお店です。

スーパーというほど大きくはありませんが、日本食も売っているのでご紹介したいと思います。

コンビニに近いですが、コンビニよりは大きいです。値段と品ぞろえは、コンビニと同じくらいです。

韓国の食品と、日本の食品が購入できます。夕方に行くと、お惣菜やお弁当が安くなっていたりします。

Metro

現地のスーパーで、24時間営業といえばMetro(メトロ)です。

値段は、高くもなく安くもなく普通です。

夜中に買い物をしたいときに使える、24時間営業の便利なスーパーです。

街中やバス停近くなど、立地も利用者にとって便利なところにあります。

カナダのコンビニは24時間営業ではないので、Metroが近くにあると助かります。

さいごに

多国籍なカナダでは、アメリカやアジアのスーパーが豊富にあり、それぞれにいいところがあります。

私が利用していたのはアジア系スーパーですが、ヨーロッパや南米系のスーパーもたくさんあります。色々な国の料理も手軽に楽しめるところが、カナダの魅力の1つだと思います。

私個人の感想ですが、カナダで生活していた1人の意見として、これからカナダで生活する方の参考になれば嬉しいです。