fidoを解約する方法と手順(カナダの携帯電話)

カナダ

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

カナダのトロントで約1年間、ワーキングホリデーをしていました。

私がカナダで最初に使った携帯電話は、fido(ファイド)でした。
fidoの契約は店頭でできますが、解約は店頭ではできず、電話するしか方法がありませんでした。

ワーキングホリデーで英語の電話は、少しハードルが高いですよね。私は英語力ゼロからのスタートだったので、初級の時だったら泣いていたかもしれません。

この記事では、fidoの解約時に電話で聞かれた内容、電話の方法についてご紹介します。

fidoの解約方法

カナダでは大手携帯電話会社のfidoですが、解約する方法はfidoに電話をするしかありません。

私は電話はハードルが高いと思い、実際に店舗に行って解約をお願いしました。しかし、店舗では残念ながら解約の手続きが出来ないそうです。

対応してくれた店員さんは親切な人で、fidoを使用している携帯から611に電話をすれば、電話料金もかからずに解約できると教えてくれました。

fidoの解約にかかる時間

解約の電話をする前に、知っておくといいかな?と思ったので、記載しておきますね。

私がfidoの解約のために電話を架けてから、解約手続きを完了させて、電話を切るまでの時間は、約30分でした。

ちなみに半分くらいは、電話を繋ぐための待ち時間です。電話は、30分〜1時間ほどの時間がある時にかけるのことをおすすめします。

fidoを解約する手順

fidoを解約するには、以下の手順が必要です。

fidoに電話

オペレーターと繋がる

本人確認

解約手続き

fido解約完了

解約の手順は、特に難しいことはありません。

それでは、詳しい手順をお伝えします。

本人確認がスムーズに進むため、契約した時の書類を手元に置いておきましょう。

電話アナウンス

まずは電話をかけます。

fidoを使っている携帯電話から611に電話

(ガイドアナウンスで、自分の電話番号が読み上げられます)
電話番号を確認し、合っていれば1をプッシュ

ガイドアナウンスを聞き、人と話すの5をプッシュ

電話接続までの待ち時間

電話に相手(オペレーター)が出るまで、約15〜20分ほどかかります。

待ち時間が長くて疲れてしまうので、ここはスピーカーにして待ちましょう。

本人確認

オペレーターの方が出たら、まずは本人確認をされます。確認されたのは、以下の項目です。

  • 名前
  • 住所
  • e-mail
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 解約する理由

住所は、契約時の住所です。シェアハウスに引っ越した方やバックパッカーの住所を記入した方は、間違えないように契約書類を先に確認しておきましょう。

解約の理由を告げると、fidoの他のプランを説明されます。

ほとんどの人は、帰国と伝えると思うので、プランの説明はないかもしれません。私の場合、帰国でもないし、2か月しか使っていないし、ただの解約だったので説明されたのかもしれません。

解約の手続き

解約を伝えると次は、オペレーターの方が解約の手続きをしてくれるので、しばらく待ちます。

ここでの待ち時間は、およそ5分でした。

解約後の説明

最後に、オペレーターからの説明を聞いて終了です。私が説明された内容は以下です。

  • メールで最後の案内を送る(支払いなど)
  • 最後に電話番号の確認
  • 最後の最後にもう1度、解約の理由

解約の理由をもう1度聞かれたのは、私の理由が「もう使わないから」だったからかもしれません。

オペレーターには言いませんでしたが、fidoの料金が高かったので、7elevenのsimカードに変える予定でした。

とにかく、これで解約手続きは完了です。

最後は、残りの携帯電話代金を銀行口座から支払って、解約となります。最後の支払いは、解約した日ではなく、通常の支払日になります。

お疲れ様でした!

さいごに

fidoの解約手続きは、電話のみのため、少しハードルが高い気がします。

しかし、番号を入れて本人確認と理由を伝えるだけなので、内容はそこまで難しいことではありませんでした。カナダの空港への入国のほうが、厳しいくらいです。

Toeic200点だった私でもできました!がんばりましょう。

この記事が少しでも役に立ったら、シェアをお願いします。