タスマニア1周【1日目】ホバート空港からクイーンズタウン

オーストラリア

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

オーストラリアでのワーキングホリデー中に、タスマニア諸島を1周してきました。

オーストラリアに住んでいても、タスマニアはあまり知られていない島ですが、実際に行ってみてステキなところだったのでご紹介します。

この記事では、タスマニアのホバート空港に到着してからホバート市内を観光し、クイーンズタウンへ向かうまでのタスマニア1周旅行の1日目をご紹介します。

タスマニアの概要

タスマニア(Tasmania)諸島は、オーストラリア東南部にある離島です。

大自然に恵まれた島で、自然国立公園(National Park)も多いです。

タスマニアでしか見られない動物も多く、野生のワラビーやウォンバット、タスマニアデビルなどの珍しい動物を見ることもできます。

メルボルンからは飛行機で約1時間、シドニーからは1時間半程で到着します。また、船でメルボルンへ行くことも可能です。

気温

タスマニアは、オーストラリアの中では比較的涼しい気候です。

冬は最低気温が10度を下回ることもあり、寒い日が続きます。マフラーやコートなどの防寒が必要です。

夏には気温が20度程ですが、オーストラリアの中でも涼しい気候です。しかし、朝と夜は冷え込むので長袖や羽織りがあると良いです。

ホバート

ホバート空港

私たちはまず、シドニーからホバート空港へ到着しました。

小さな空港ですが、ホバート空港はタスマニアでは主要な空港の1つです。

荷物が運ばれてくるコンベアーには、アザラシが回っていました。

しかし、到着していきなりトラブルがありました。預けた荷物が届かず、係の人に聞くと1時間後に到着の便で来ると言われました。

オーストリアでは安くて、メジャーなジェットスターですが、フライトの遅延や、荷物の遅延がかなり多いので、あまりオススメしません。

この時は安かったのでジェットスターを利用しましたが、後悔しました。

レンタカー

仕方なく、先にレンタカーを借りて、時間潰しをしました。

まず、レンタカーは先に予約していたのでホバート空港で受け取りました。

セブンマイルビーチ

1時間程、空港付近で時間を潰さなくてはいけなくなり、空港近くのSeven Mile Beach(セブンマイルビーチ)へ行きました。

このビーチは有名ではありませんが、空港に近いため、海と飛行機を一緒に見られるビーチとして知られています。

ビーチの上を飛行機が通るので、少し怖いですが、写真に収めたい場所です。

ちなみに、道中にはカンガルーの標識が多くあり、結構カンガルーが飛び出してくるようです。私も昼間でしたが1匹見ました!運転する際は気をつけてくださいね。

空港へ戻り、ようやく荷物を受け取ってタスマニア1周旅行へ出発しました。

ホバートの街中

タスマニア1周旅行は、Hobart(ホバート)という街からスタートしました。

ホバートは、タスマニアの主要な街です。

スーパー

まずは買い出し

 

サラマンカスクエア

ホバートは、アートも多く、思っていたよりもオシャレな街でした。

写真のオブジェは、自転車の駐輪にも使われていました。

サラマンカマーケット

 

 

マシンランドリーカフェ

サラマンカスクエアにあるMachine Laundry Cafe(マシンランドリーカフェ)で休憩しました。

横には洗濯機が並んでいますが、なんだかオシャレにも見えました。

カフェでコーヒーを飲みました。

 

タスマニア王立植物園

英語ではRoyal Tasmanian Botanical Gardens(ロイヤル・タスマニアン・ボタニカル・ガーデンズ)と言います。

入場は無料です。

 

 

MONA

このMuseum of Old New Art(MONA)は、タスマニアで有名な美術博物館です。

MONAは、南半球で最大の民間資金による美術博物館で、2011年1月21日に公式オープンしました。

タスマニアの億万長者であるDavid Walshの古代、現代アートなどのコレクションが収められています。

さいごに

まずは、タスマニア1日目でした。

ジェットスターの荷物遅延で予定が遅れたものの、ビーチやカフェなど様々な場所に行けたので、良い旅のスタートになりました。

タスマニアのホバートは小さな街なので、車があればすぐに色々なところに行くことができますよ。

ホバートは思っていたよりも、アートでおしゃれな街でした。ホバートの街だけでも楽しめると思います。