メルボルンからアデレード【1日目】オーストラリア縦断ロードトリップ

オーストラリア

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

オーストラリアでワーキングホリデーをした人の中には、最後にラウンドと呼ばれる、オーストラリア1周をする人が多いです。

私たちは今回、ラウンドではなく、オーストラリアの真ん中を北上する縦断ロードトリップをすることに決めました。

この記事は、オーストラリア縦断ロードトリップの1日目です。

スタートのメルボルンからグレートオーシャンロードを通り、アデレードまでのルートをご紹介します。

メルボルン/Melbourne

まず、私はシドニーに住んでいたため、メルボルンまでは飛行機で移動しました。

オーストラリアは広いので、都市間の移動は飛行機が主流です。シドニーからメルボルンまでは、飛行機で約2時間です。

海外でフライト予約をする際は、スカイスキャナーKiwi.comのサイトを使うのが1番安くてオススメですよ。


メルボルン空港(タラマリン空港)

メルボルンには、主に使われている空港が2つあります。

よく使われるのは、Melbourne Airport(メルボルン空港)です。メルボルンのタラマリン地区にあり、Tullamarine Airport(タラマリン空港)と呼ばれることもあります。

この空港はメルボルンで1番大きな空港で、国際線と国内線が発着します。日本からメルボルンに来る場合は、国際線のためメルボルン空港に到着になります。

空港内には、様々なショップやカフェ、シャワールームなどもあり、設備もしっかり整っています。

私は1度、メルボルン空港のシャワールームを利用しましたが、お湯もしっかり出て快適でした!

アバロン空港/Avalon Airport

今回、私はシドニーからの国内線を利用したため、アバロン空港という小さい空港に降り立ちました。

小さな空港ですが、オーストラリアで頻繁に使われている格安航空会社のJetstar(ジェットスター)や、Qantas(カンタス航空)の発着地に使用されています。

私の飛行機の到着は予定通り、朝8時半に到着しました。

オーストラリアの飛行機は、頻繁に遅延が発生します。特に、ジェットスターの遅延や荷物の紛失が多く、私にも経験があります。

アバロン空港の飛行機を待つ場所には、小さなカフェがあります。しかし、荷物をとって出口から出てしまうと、お店は何もありませんでした。

あったのは空港からメルボルン市内へ行くバスカウンターと、無人のインフォメーションセンターだけでした。インフォメーションデスクのまわりには、メルボルンの情報誌や地図があります。

アバロン空港を使う人は滅多にいないと思いますが、メルボルンに来る際はメルボルン空港を使うほうが設備が整っているのでオススメです。

アバロン空港で友人を待っていた私は、待ち時間に何もできることがなく、人もおらず、1人だったので寂しかったです。ただし、アバロン空港発着の航空券のほうが安いこともあります。

友人が当日にレンタカーを借りてくれて、アバロン空港まで迎えに来てくれました。

海外でレンタカーを借りる際は、EasyRentCarsで値段を比較するのがオススメです。

日本語に言語切り替えもでき、そのまま予約もできます。また、クーポンも多く、初回は5%OFFで利用できますよ!


コールス/Coles

まずはColes(コールス)という、オーストラリアのスーパーマーケットに行きました。

今回、車を借りてくれた友人は、アメリカでのロードトリップの経験がありました。そのため、車の手配や買い出し、ルートなど全ての手際が良かったです。

彼女はまず、500mlの水のペットボトルを、1ケース購入していました。そして、お菓子はポテトチップスを3種類ほど購入しました。

購入するものは、クッキーやカロリーメイトなどの日持ちする物を選ぶと良いですよ。

買い物を済ませて、お昼前にメルボルンを出発しました。

買うものや情報は準備編に記載しています。

グレートオーシャンロード

メルボルン市内を出発してから、Great Ocean Road(グレートオーシャンロード)に入ったのは、お昼少し前でした。

グレートオーシャンロードでは、車で走りながらキレイな景色を眺めることができます。

道路脇に車を停められる場所が、所々あります。何ヵ所か車を停めて、私たちも写真撮影をしました。

天気も景色も良くて、何枚撮っても楽しいです。

メルボルンから車で走ると、左側に海が見えてきます。

助手席側は景色がキレイに見ることができるので最高です。

運転手側は残念ながら山と崖です。チラチラと見たくなる気持ちはありますが、車の交通量も多いので危険です。

車を停車させられる箇所がいくつもあるので、しっかり停車して見ましょう。

ちなみに、私のロードトリップのメンバーは、アメリカ人とドイツ人と日本人です。

アメリカとドイツの運転方向は、日本とは反対の右側通行です。

オーストラリアは日本と同じく左側通行のため、2人は運転しにくいと言っていました。

有難いことに、オーストラリアは日本と同じ向きなので、日本人にとっては運転しやすいです。ワーキングホリデーで来た方は、ぜひレンタカーでラウンド、またはオーストラリア縦断がおすすめですよ!

12アポストルズ

15時頃に、Twelve Apostles(12アポストルズ)に到着しました。

日本語では12使徒と呼ばれることもあります。

この12アポストルズは、Port Campbell National Park(ポート キャンベル国立公園)の中にあり、グレートオーシャンロードに行くなら絶対に外せない、有名な観光地です。

メルボルンに住んでいる友達によると、昔は岩が12あったので、その名前の由来になったそうです。

残念ながら、現在は波で削れたりしてしまい、12はないそうです。

綺麗な海と景色に癒される場所です。

12アポストルズには、しっかりとトイレとコンビニもあります。長い運転疲れをここでリフレッシュさせましょう!

しかし、コンビニのクオリティは日本と違って低いため、期待はしないほうが良いですよ。

私たちは、お昼を食べていなかったので、ここのコンビニでサンドイッチを購入しました。

サンドイッチの味は、日本のものとは全く違います。まずいというわけではないですが、美味しいとは言えない味です。マヨネーズの味が全然違うことが原因だと思います。日本の味を想像して食べてしまうと食べられませんので、海外の味だと思って食べてください!

そしてやっぱり、スーパーマーケットで食べ物は購入しておくべきです。私はサンドイッチを食べて、ものすごく後悔しました。

お昼から夕方までは、中国の観光バスが多く、ゆっくり見たい方はかなり早めの時間帯に行くことをお勧めします。

私たちはちょうど時間が重なってしまい、写真を撮ると必ずと言っていいほど中国人が写りこんでいました。

人込みが嫌いな方には、ヘリコプターで上空から眺めるツアーもありますよ。人を全く気にせず、ゆっくりときれいな景色が見られると思います。

ロンドンブリッジ

アデレード方面へ車を少し走らせると、London Bridge(ロンドンブリッジ)という橋があります。稀に、London Arch(ロンドンアーチ)とも呼ばれることもあります。

昔は2つのアーチで繋がっている橋でした。

しかし、1990年に橋の一部が崩落してしまい、現在のアーチ形となりました。

写真の中の、左下の看板は、橋が繋がっていますよね?これが昔の姿でした。

ロンドンブリッジは、12アポストルズよりも人が少ないため、ゆっくり休憩できます。私はどちらかといえば、ロンドンブリッジのほうが落ち着けて好きでした。

しかし、アデレードまではまだまだ距離があります。

私たちにはあまり時間がなかったため、ゆっくりできず、滞在時間わずかでアデレードへと向かいました。

アデレード

夕方にロンドンブリッジを出発して、Adelaide(アデレード)に到着したのは深夜でした。

夜になると、道路にカンガルーが出没します!私たちも2~3匹見て、1匹が一緒に走行していました。

面白かったですが、ぶつかると危険なので、夜道の運転は避けるように、午前中にはメルボルンを出発したほうが良いでしょう。

バックパッカー

友人が前もって、バックパッカーを予約してくれました。

今回、私たちが宿泊したのはAdelaide Travellers Inn Backpackers Hostel(アデレード トラベラーズイン バックパッカーズ ホステル)という名前は長いけれど、普通のバックパッカーです。

私たちは、バックパッカーの1部屋(ベッド4つ)を貸しきりで使用できました。

こちらのバックパッカーは、駐車場共同キッチン冷蔵庫などもあり、悪くないと思います。

シャワートイレが部屋の中にあり、使い心地はそんなに悪くなかったです。

特に、深夜でもチェックインできたことが1番良かったです。時刻は既に12時を過ぎていました。

オーストラリアのバックパッカーやモーテルは、夜に受付がいないことがあります。

オーストラリアのホテルやバックパッカーの予約の際は、必ず受付時間(チェックインの最終時間)を確認しておきましょう。

明日はアデレードから出発して、クーパーペディへ向かいます。

さいごに

まずは、メルボルンからアデレードまでの1日目でした。

メルボルンでワーキングホリデーや留学をする方は、絶対にこのグレートオーシャンロードはおすすめです!私はこの後、3回行きました。笑

とにかく、おすすめです!ここで野生のコアラも見ることができるので、後日ブログに記載します。

続きはこちらからどうぞ。

少しでもこの記事が役に立った方は、シェアしていただけると嬉しいです。