ワーホリはいくら必要?最初の1ヶ月に持って行く金額を算出

ワーキングホリデー

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

オーストラリアとカナダの2カ国で、ワーキングホリデーを経験しました。

初めてのワーキングホリデーは、やっぱりいくら持って行けば良いのかわからず、不安でした。しかし、2回目はある程度かかる金額がわかっていたので、少ない金額でも大丈夫でした。

この記事では、私がワーキングホリデーに持っていった金額と経験から、いくら持って行けば良いか、最初の1ヶ月に必要な金額をご紹介します。

ワーキングホリデーでは、現地で仕事を探す方がほとんどです。そのため、仕事を探すまでの1ヶ月の期間で計算しています。

語学学校へ通う場合

まず、ワーキングホリデーで1番お金がかかるのが語学学校です。

オーストラリアとカナダの語学学校は1ヶ月約10~20万円が相場で、1年間通うと約120~240万円はかかります。

語学学校の金額は日本で支払う方が多いですが、現地で支払う方が少し割引などもあり安くできます。

もし語学学校を現地で探す場合は、20万円くらい多く持ってくるか現地のATMで引き出せる海外専用プリペイドカードを持っておくと良いですよ。

現地で1ヵ月にかかる金額

それでは、ワーキングホリデーの最初の1ヵ月にかかる金額を住む場所に分けてご紹介します。

ホストファミリー

ホストファミリーに住む場合、こちらもエージェントなどを通して日本で料金を支払うことがほとんどです。

料金相場としては、1ヶ月約8~10万円です。

ホストファミリーで過ごすメリットは、日本で支払うことができること、食費や洗濯などの費用が現地でかからないことなどです。

ホストファミリーによっては、Wi-Fiが別料金というところもあります。

最初の1ヵ月をホストファミリーで生活する場合は、語学学校までの交通費と外食代があれば良いでしょう。

バックパッカー

自分でバックパッカーやホテルを予約して、そこからシェアハウスを探す方法もあります。

バックパッカーが1番安いので、料金的にはおすすめです。booking.comで海外の安いバックパッカーやホテルを探せます。バックパッカーは、キッチン付きのところが食費を抑えることができますよ。

私は最初のワーホリは1ヵ月、2回目のワーホリは5日間ホテルで滞在しました。2回目は、すぐに安いシェアハウスを探しました。

ホテルは安いけれど1人部屋のところを予約したので約1500円×5日間でした。

大人数のバックパッカーであれば、1泊1000円くらいで泊まることもできます。ただし、荷物の管理は気をつけましょう。

ちなみに、airbnbもさらに安く泊まれて、現地の方から情報を得ることもできるのでおすすめです。私は次のワーホリはairbnbを利用しようと思っています。

語学学校へ通う方は、R&Bなどの朝食付きのところもおすすめですよ。

シェアハウス

通常は、ホストファミリーやバックパッカーに滞在しながらシェアハウスを探します。

しかし、最近は日本からもシェアハウスを予約できるところが増えてきました。

見学ができないメリットはありますが、1ヶ月の仮住まいとして安く済むことができます。

ただし、シェアハウスにはレント(敷金)が必要な場合が多いです!レントの相場は2週間分なので、高くなってしまう場合もあります。

現地で必要な金額

それでは、最初の1ヶ月に必要な金額を比較します。

日本で支払う金額 現地でかかる費用
ホストファミリー \80,000 \15,000
バックパッカー \45,000 \30,000
ホテル・ホステル \60,000 \35,000
シェアハウス \50,000 \30,000

現地でかかる費用については、食費や光熱費を想定しています。交際費は含みません。

ホストファミリーは、エージェントを通すため仲介料などもかかり、1番金額が高くなります。しかし、現地で必要な金額は交通費と交際費だけで、食費がかからないので現地では安く生活できます。

その他は、キッチンやR&Bなどの朝食付きであれば、さらに節約できます。

現地に持っていく金額

それでは、ワーホリはいくらあれば足りるのかご紹介します。

私の場合では、最初のワーホリでは10万円持って行き、足りなくなりました。2回目は15万円持って行き、すぐに仕事を見つけたので半分以上使いませんでした。

人によって使う金額は異なりますが、上記の金額プラス10~20万円あると良いですよ。

現金を多く持ち歩くのは危ないので、海外専用プリペイドカードなどの海外ATMで出金できるカードを持って行くのがおすすめです。

さいごに

私自身、最初のワーキングホリデーでいくら必要なのか悩み、たくさん調べました。

学校や仕事の状況によっても、お金が足りなくなったりすることが多いです。特に、セブ島留学やワーキングホリデーに来ていた人はお金が足りないと嘆いている人が多くいました。

ワーキングホリデーには、お金は少し多めに持って行くこと、クレジットカードなどの備えを持っておくことをオススメします!

ワーホリの関連記事海外に住んでいても私が日本円を稼いでいる方法をご紹介!
ワーホリ・長期留学のキャリーバッグの選び方と人気・おすすめバッグ
ワーホリ(オーストラリア・カナダ)に行って良かったと思うこと
ワーホリでカナダに持って行った服と各都市のファッションの特徴