カナダのワーホリに持って行った荷物と日本から持って行くべきもの

ワーキングホリデー

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

カナダのトロントで約1年間、ワーキングホリデーをして生活していました。

また、トロントからバンクーバー、イエローナイフ、モントリオール、ケベックなど他の都市にも旅行で行きました。

今回は、カナダのワーキングホリデーに持って行った日用品などの荷物と、日本から持って行くと便利なオススメ品をご紹介します。

カナダは私にとって2ヵ国目のワーキングホリデーだったため、荷物は少なめに持って行き、現地調達するようにしました。

持って行った物

まず、カナダに持って行った物をご紹介します。

必需品

  • パスポート
  • スマートフォン・携帯電話
  • 携帯充電器
  • モバイルバッテリー
  • 航空券・Eチケット
  • 旅行日程表
  • ビザや学校などの証明書
  • クレジットカード
  • 現金
  • 海外保険の証明書
  • 生理用品
  • 薬(常備薬)
  • デジタルカメラ・アクションカメラ
  • 携帯電話の充電器

現地で使うもの

  • アイマスク
  • マスク
  • スリッパ
  • 歯ブラシ・歯磨き粉
  • メガネ・コンタクトレンズ
  • ボールペン
  • リップクリーム
  • サングラス
  • ヘアゴム
  • クレンジングシート
  • イヤホン
  • ネックピロー
  • 耳栓
  • ブランケット
  • 羽織り・ストール
  • コンタクト
  • 化粧品
  • アクセサリー
  • シャンプー(100ml以内)
  • リンス(100ml以内)
  • 化粧水(100ml以内)
  • 替えの服や下着
  • ヘアドライヤー
  • ヘアアイロン
  • タオル
  • 雨具
  • カバン

カナダに持って行った服の詳細はこちら↓

日本から持って行くべき物

海外対応ドライヤー

海外対応で、軽いのがオススメです。現地で購入もできますが、カナダの電化製品はそんなに安くないですし、日本で購入したほうが安くて性能も良いです。

 

日焼け止め

日焼け止めも現地で購入できますが、日本製は輸入品になるので値段が高いです。それから、寒いカナダでも日焼け止めは結構使います!雪から反射して日焼けします。

厚手の靴下

靴下はカナダにも売っていますが、こんなに温かくて良い商品は現地にはありません!足先が特に冷えるので、数枚あったかい靴下があると良いですよ!

 

熱さまシート

カナダは寒いので、風邪を結構引きました。特に、到着して1ヵ月目は環境の変化による疲れ、睡眠不足などで体調を崩す人が多くいました。シートならにもならないですし、風邪を引くときは急なので備えておくと良いですよ。

体温計

体温計も、小さいので荷物にもなりませんし、帰国しても使えるので持ってきても良いと思います。意外と体温計を持ってこない人が多いのですが、あったほうが良いですよ。たとえ使わなかったとしても、荷物になるものではないので。

 

水着

カナダで?と思われる人もいるかと思いますが、思っていたよりも使いました。夏はタンクトップを着られるくらい暑いので、プールに行く機会がありました。

また、私はトロントからメキシコのカンクンや、アメリカのカリフォルニアにも行ったのでビーチで水着を使用しました。カナダでは水着を販売しているお店がやっぱり少ないので、日本から1枚は持ってくると良いですよ。

さいごに

カナダでも、大抵の物は購入できます。

しかし、物価はそこまで安くないので、荷物にならない物や防寒グッズは日本から持って行くことをオススメします。

カナダにも100均のようなお店はありますが、2.8ドルなので100円よりも少し高いです。また、日本の防寒用品は安くて性能も良いので、持って行くと便利ですよ。