海外のバレンタインの過ごし方と日本との文化の違い

海外留学

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

カナダとオーストリアでワーキングホリデーをしていました。

そこで体験した海外のバレンタインは、日本のバレンタインとは全然違いました!真逆とも言えるほどに過ごし方や文化が違います。

この記事では、日本と海外のバレンタインの過ごし方の違いについてご紹介します。

日本のバレンタイン

まず、日本のバレンタインは「女性から男性にチョコレートをあげる」あるいは「女性から男性に告白する日」となっていますね。

友達にチョコレートをあげる「友チョコ」なども広がっていきました。

日本のバレンタインは、女性から意中の男性や友人、家族、学校や職場などのお世話になっている人にチョコレートをあげる日となっています。

そもそもバレンタインとは?

毎年2月14日は、バレンタインデー(Valentine’s Day)と呼ばれ、世界中でイベントやお祝いがされています。

また、世界中でカップルの愛の誓いの日とされています。

バレンタインのローマ説

ローマのバレンティヌ(英:バレンタイン)が婚姻を禁止された兵士たちを哀れみ、彼らのために内緒で結婚式を行いました。

その噂が皇帝の耳に入り、バレンティヌは処刑されたとされています。

この日が2月14日で、キリスト教徒にとってこの日が恋人たちの日となったとされています。

日本のチョコレート文化

日本でのチョコレートをあげる文化は、チョコレート会社の「バレンタインにチョコレートを贈ろう」という広告が始まりでした。

当初はそこまで浸透しなかったものの、いくつかの会社が広告を出し、次第にバレンタインにチョコレートを贈る文化が出来上がりました。

2000年あたりまでは、好きな人に渡すチョコレート「本命チョコ」と、照れ隠しやついでに渡す「義理チョコ」というのもありました。

そして、現在は友達やお世話になった方にも渡す「友チョコ」が文化として根付いています。

海外のバレンタイン

それでは、海外のバレンタインの過ごし方をご紹介します。

男性側が準備

まず、日本とは真逆で「男性が女性のために」色々な準備をします。

日本との大きな違いはここですね。

レストランの予約

カップルや夫婦は、おしゃれなレストランにディナーを食べに行くことが多いです。

何ヶ月も前から予約している男性が多く、バレンタインの日のレストランは予約でいっぱいです!

もちろん、家でディナーを楽しむ人もいますが、こちらも男性が準備します。

ちなみに、バレンタインは海外でも祝日ではありません。仕事終わりにレストランに行く人が多いです。

花束

まるでプロポーズのようですが、海外ではバレンタインにお花をあげることが多いです。

友人がカナダのお花屋さんで働いていたのですが、バレンタインは男性が大勢買いに来るので大忙しだそうです!

プレゼント

他にも、ジュエリーなどのプレゼントを用意する人もいるそうです。

また、バレンタインにはポストカードを用意する人も多いです。

海外には様々な場面でポストカードを書きます。私は誕生日やクリスマスにも、ポストカードをいただきました。

チョコレートは?

海外では、バレンタインにチョコレートを贈るという文化は一切ありません。

お世話になった方や好きな子にチョコレートを渡すことはありますが、バレンタインの日ではありません。

また、チョコレートよりも、ケーキをあげるほうが多いです。

バレンタインにチョコレートを渡すという文化は、日本独自の文化です。ちなみに、日本のバレンタイン文化を知っている人も少しいました。

ホワイトデーは?

海外では、ホワイトデーという日はありません。

この文化も日本独自の文化で、日本のお菓子メーカーが作った日とされています。

日本のバレンタイン文化を知っている人はいましたが、ホワイトデーはそこまで知られていませんでした。

ちなみに、どちらも説明すると驚かれたり笑われたりします。

さいごに

海外のバレンタインの過ごし方は、日本のクリスマスの過ごし方に似ていました。1つ違うのは、全て男性が準備するということでした。

男性はバレンタインのために、色々な準備をするので大変だそうです。

女性は、この日は全て男性任せで、幸せな時間を過ごせますよ。ぜひ、海外でのバレンタインをカップルで過ごしてみてくださいね。