セブ島のジャパニーズヘルプデスク(Cebu Doctors University Hospital)の様子と対応

セブ島留学

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

フィリピンのセブ島語学学校でインターンシップとして働いていました。

語学学校の生徒さんの具合が悪くなってしまい、何度かセブ島にあるジャパニーズヘルプデスクに連れていきました。

今回は、その時のセブ島のジャパニーズヘルプデスク(Cebu Doctors University Hospital)の様子をご紹介します。

ちなみに、セブ島には2か所のジャパニーズヘルプデスクがあります。

病院に行く前の保険適用については、こちらの記事をご覧ください。

ジャパニーズヘルプデスク

ジャパニーズヘルプデスクとは、名前の通り、日本人の患者さんの診察をサポートしてくれる窓口のことです。

診察時の英語の通訳や、保険に関する手続き、診察予約などをサポートしてくれます。英語を勉強していても、医療用語などはやはり難しいので、診察時の通訳は助かりますよね。

患者さんが海外保険に加入していて、病院と提携している保険会社であれば、無料で診察を受けることもできます

私が連れて行った生徒さんたちは、AIG損保の留学生用プランに加入している方が多くいました。しっかり保険も適用できて、無料で診察や入院もできたのでおすすめです!

国の保険Co-op共済の保険とは提携していないようなので、ちゃんと提携している保険会社に加入すると安心ですよ。

セブ島のジャパニーズヘルプデスク

私たちは、セブ島にあるジャパニーズヘルプデスク(Cebu Doctors’ University Hospital:通称セブドクターズホスピタル)に行きました。

まず、少し場所がわかりにくいのですが、タクシーでたどり着くと看板が日本語で書いてあります。タクシーの運転手さんにはジャパニーズヘルプデスクと言っても通じないと思うので、「Cebu Doctors’ University Hospital」と伝えます。

必ずしっかり「Hospital」と伝えましょう!マンダウエという地区に「Cebu Doctors University」という大学があり、よく間違えてそちらに連れて行かれます。万が一、そちらの大学に行ってしまった場合は近くにある「Chong Hua Hospital(チョンファ・ホスピタル)」に行くと近いですよ!そちらにも別のジャパニーズヘルプデスクがあります。

タクシーで行くと、セブドクターズホスピタルの病院に車を止めると思います。

そこの病院の正面から後ろ(右側)を向くと、すぐにジャパニーズヘルプデスクがあります。

中に入る時は、ベルを鳴らして開けてもらいます。多分、防犯のためだと思います。

ベルの場所が小さくてわかりにくいのですが、右側に小さなボタンがあります。

入るとすぐに待合室があり、多くの日本人の患者さんがいました。私が行った時間は朝10時で、開いている席がほぼなく、約12人ほど待っていました。

2回目に行った時は祝日の夕方でしたが、フィリピン人のスタッフがいて、親切に対応してくれました。

日本人スタッフがいれば、日本人スタッフの方が丁寧に説明してくれます。

私はフィリピンのローカル病院にも何度か行ったことがあるのですが、日本人はやっぱり対応が丁寧で速いです!

お手洗いも、待合室の中にあります。

ちなみに、ここのジャパニーズヘルプデスクの中は冷房が効いている(効きすぎている)ので、患者さんにはかなり寒いと思います。

何か羽織るものブランケットを持参すると良いですよ!

保険適用の確認

まずジャパニーズヘルプデスクに行くと、保険について確認されました。

病院に行く前に、必ず保険の内容を確認しておきましょう。

病院に行く前に確認(準備)しておくもの

  • 保険証明書 ※必ず期限内容を確認しましょう。
  • クレジットカードか現金 ※クレジットカードの保険でない場合は現金払いです
  • パスポート ※保険適用期間が出国から~ヵ月まで、という内容の場合、出国スタンプの証明が必要です。

クレジットカードの保険を利用する場合は、まずは、もちろん保険適用のクレジットカードが必要です!

クレジットカードの保険の証明や内容の紙があれば、一緒に持って行きましょう。

診察の様子

セブドクターズホスピタルのジャパニーズヘルプデスクには、待合室の奥に簡易的な診察室がありました。

風邪などの簡単な診察は、ここで受けることが可能です。

先生はフィリピン人で、日本人スタッフさんが通訳してくれます。ただ正直なところ、日本人スタッフの英語レベルはそんなに高くないかんじでした。

フィリピン人の先生も多少は日本語の単語がわかっていて、英語と日本語のミックスでしゃべられます。

例えば、痛い?かゆい?いつから?とかは完全に日本語でした。それから「You have to take お薬 after meal(食後にお薬を飲んでください)」とか、「You have to take 血液検査」とか!笑

英語がわからない人には助かりますが、英語がわかる人は結構、混乱します。

フィリピン人の先生たちは優しくて親切で、診察もローカルの病院に比べたら、しっかりしていました。

診察が終わると、診察代と薬の説明をしてくれます。

ここではクレジットカードの保険適用の場合は、クレジットカード払いが可能です。後からクレジットカード会社からお金が戻ってきます。

提携している保険会社であれば、診察代金は無料です。

その他の提携していない保険会社や、保険適用外の場合は、現金払いになります。

診察代:1500P

生徒さんの状態によって金額は異なりますが、普通の風邪などであれば診察代だけで済むと思います。

もし、更に血液検査や尿検査などがあると、追加料金が発生します。

病院と提携されている保険に加入していれば、無料で診察を受けることが可能ですよ!

ジャパニーズヘルプデスクに行く前に、保険会社に提携病院を確認しましょう!

入院の場合

生徒さんがCebu Doctors’ University Hospital(セブドクターズホスピタル)に入院することになりました。

その時のお部屋の様子は、かなり綺麗で広かったです!ホテル並みの綺麗さでした。

個室のお部屋で、テレビ、冷蔵庫、洗面台などが備え付けられていました。テレビは日本の番組も多少見ることができました。

病院のアメニティセットとお水もくれました。セットの中には、歯ブラシ、コップ、タオル、アルコール消毒液、コットン、体温計などが入っていました。

入院食も結構しっかりしていました。

フルーツはバナナやみかんが多かったです。ただ、朝から肉料理だったこともあり、その辺は日本とは違うと思います。

入院の場合も、保険によって無料で入院できていました。セブ島留学の際には、必ずしっかりした保険に加入することをオススメします!

インフォメーション

セブ島のジャパニーズヘルプデスク(Cebu Doctors’ University Hospital)の情報を記載します。

ジャパニーズヘルプデスク(Cebu Doctors’ University Hospital)

通称:セブドクターズホスピタル
住所:Osmena Blvd, Cebu City, Cebu 6000, Philippines
電話番号:+63 32-318-6507
営業時間:月~金 9:00~21:00
土 9:00~14:00
日祝は緊急外来で受付可能

タクシーで行く場合は、よくマンダウエにある「Cebu Doctors University」という大学に間違えられます。

私はいつも「Fuente Osmena Circle(フエンテ・オスメナ・サークル)」の近くと説明しています。

さいごに

セブ島留学をしている生徒さんたちは、環境の変化や疲れによって、よく風邪を引いてしまいます。

また、セブ島では食事が合わずに腹痛、下痢、嘔吐などを訴える人も多いです。

セブ島留学では何があるかわかりませんので、必ず信頼できる海外保険に加入することをおすすめします。