セブ島のジャパニーズヘルプデスク(Chung Hua Hospital)の様子と対応

セブ島留学

こんにちは
藤中 眸(ふじなか ひとみ)です

フィリピン・セブ島の語学学校でインターンシップとして働いていました。

語学学校の生徒さんの具合が悪くなってしまい、何度かセブ島にあるジャパニーズヘルプデスクに連れていきました。

今回は、その時のセブ島のジャパニーズヘルプデスク(Chung Hua Hospital)の様子をご紹介します。

ちなみに、セブ島には2か所のジャパニーズヘルプデスクがあります。もう1か所(セブドクターズホスピタル)の様子はこちら。

どちらの病院(ジャパニーズヘルプデスク)に行くかは、保険会社が教えてくれます。保険適用条件については、病院に行く前についての記事を読んでください。

ジャパニーズヘルプデスク

ジャパニーズヘルプデスクとは、名前の通り、日本人の患者さんの診察をサポートしてくれる窓口のことです。

診察時の英語の通訳や、保険に関する手続き、診察予約などをサポートしてくれます。英語を勉強していても、医療用語などはやはり難しいので、診察時の通訳は助かりますよね。

患者さんが海外保険に加入していて、病院と提携している保険会社であれば、無料で診察を受けることもできます

私が連れて行った生徒さんたちは、AIG損保の留学生用プランに加入している方が多くいました。しっかり保険も適用できて、無料で診察や入院もできたのでおすすめです!

国の保険Co-op共済の保険とは提携していないようなので、ちゃんと提携している保険会社に加入すると安心ですよ。

セブ島のジャパニーズヘルプデスク

以前はセブドクターズホスピタルに行ったのですが、今回はセブ島にあるジャパニーズヘルプデスク(Chung Hua Hospital)に行きました。

タクシーの運転手さんにはジャパニーズヘルプデスクと言っても通じないと思うので、「Chung Hua Hospital(チョンファ・ホスピタル)」と伝えます。

このチョンファ・ホスピタルも2か所あります。ジャパニーズヘルプデスクがあるのは、マンダウエという地区なので、必ず「Mandaue(マンダウエ)」と伝えましょう。

万が一、古いチョンファ・ホスピタルに行ってしまった場合は、近くにある「Cebu Doctors University Hospital(通称セブドクターズホスピタル)」に行くと近いですよ!そちらにも、別のジャパニーズヘルプデスクがあります。

タクシーで行くと、病院の正面か裏手口に車を止めると思います。

まずは、インフォメーションに行きましょう。インフォメーションは1階にあります。

インフォメーションで、ジャパニーズヘルプデスクに行きたいと伝えると、場所と部屋番号を教えてくれます。

ジャパニーズヘルプデスクへの行き方

インフォメーションの正面から左側が、「Medical Arts(メディカルアーツ)」という病棟で、その病棟にジャパニーズヘルプデスクがあります。病棟が2つあるので、間違えないようにしましょう。

インフォメーションから左の通路に進むとすぐに、右手側にエレベーターがあります。

エレベーターで8階に登ります。ジャパニーズヘルプデスクは、ここの「809号室」にあります。

ジャパニーズヘルプデスクの様子

ジャパニーズヘルプデスクに入ると、すぐに受付があります。受付はフィリピン人女性でした。

私たちは平日の朝10時頃に行きましたが、あまり他の患者さんもいなかったので、すぐに診てもらうことができました。

ほとんどの日本人がセブドクターズホスピタルのジャパニーズヘルプデスクにまず行くので、こちらは穴場です。笑

セブドクターズホスピタルの冷房はガンガンに効いていましたが、チョンファ・ホスピタルの冷房は適温でした。

保険適用の確認

ジャパニーズヘルプデスクに行くと、必ず確認されるのが海外保険の加入についてです。

まずは、日本人スタッフさんの説明の元、保険に関する記入事項を書きます。記入方法などは、日本人スタッフの方が丁寧に説明してくれます。

病院に行く前に、必ず保険の内容を確認しておきましょう。

病院に行く前に確認(準備)しておくもの

  • 保険証明書 ※必ず期限内容を確認しましょう。
  • クレジットカードか現金 ※クレジットカードの保険でない場合は現金払いです
  • パスポート ※保険適用期間が出国から~ヵ月まで、という内容の場合、出国スタンプの証明が必要です。

クレジットカードの保険を利用する場合は、もちろん保険適用のクレジットカードが必要です!

クレジットカードの保険の証明や内容の紙があれば、一緒に持って行きましょう。

診察の様子

チョンファ・ホスピタルのジャパニーズヘルプデスクには、受付の奥に診察室があります。

簡単な診察は、ここで受けることが可能です。

先生はフィリピン人で、日本人スタッフさんが通訳してくれます。ただ正直なところ、日本人スタッフの英語レベルはひどいです。女性スタッフは大丈夫でしたが、男性スタッフはGoogle翻訳を使っていたりして、親切な人でしたが仕事としては残念でした。

こちらの病院でも、フィリピン人の先生も多少は日本語の単語がわかっていて、英語と日本語のミックスでしゃべられます。

例えば、痛い?かゆい?いつから?とかは完全に日本語でした。それから「You have to take お薬 after meal(食後にお薬を飲んでください)」とか、「You have to take 血液検査」とか!笑

私は全部が英語だと勘違いして、検査をcancer(キャンサー:癌)と聞き間違えました。笑

英語がわからない人には助かりますが、英語がわかる人は結構、混乱します。しかも、日本語もフィリピン人の発音なので、日本語の聞き取りが難しいです。

ただ、フィリピン人の先生たちは優しくて、とっても親切でした!そして対応も早かったです!

診察が終わると、薬の飲み方の説明をしてくれます。

病院と提携されている保険に加入していれば、無料で診察を受けることが可能ですよ!

ジャパニーズヘルプデスクに行く前に、保険会社に提携病院を確認しましょう!

インフォメーション

セブ島のジャパニーズヘルプデスク(Chung Hua Hospital)の情報を記載します。

 

ジャパニーズヘルプデスク(Chung Hua Hospital)

通称:セブチョンファ・ホスピタル(マンダウエ)
住所:Mantawi International Drive, Subangdaku, Mandaue City, Cebu 6014, Philippines
電話番号:+63 32-233-8000
営業時間:月~土 8:30~17:30 ※日祝休み

タクシーで行く場合は、チョンファ・ホスピタルが2つあります。必ず、「Mandaue(マンダウエ)」と伝えましょう。

さいごに

セブ島留学をしている生徒さんたちは、環境の変化や疲れによって、よく風邪を引いてしまいます。

また、セブ島では食事が合わずに腹痛、下痢、嘔吐などを訴える人も多いです。

セブ島留学では何があるかわかりませんので、必ず信頼できる海外保険に加入することをおすすめします。